« 枝被りばかり | トップページ | とりあえず鳥撮り »

2019年1月17日 (木)

7artisans 28mmF1.4

28mmは好きな画角なので、たくさん持っています。
手許のレンズを調べてみましたら、フルサイズ対応は、たぶん37本ありました。
ところが、一番口径が大きいのがキヤノンのEF28mmF1.8とシグマの28mmF1.8EX DGで、次がフォクトレンダーのウルトロン28mmF1.9でして、F1.4を持っていなかったのです。
最近の大口径広角レンズはどれも優秀で、隅々まできれいに写してしまうので面白くありませんし、どれもすごく高価なので手を出せなかったのですね。
さて近頃、中国製レンズを色々触り出してみると、ありましたよ28mmF1.4が、値段も手ごろな感じで、ライカMマウントです。
R1061636_1

7artisans 28mmF1.4です。
R1061639_1

アダプターでα7Ⅱに装着、汎用フードも付けました
R1061641_1

純正のFE28mmF2.0と撮り比べです。

7artisans 28mmF1.4 絞り開放
Dsc08355art2814_1

7artisans 28mmF1.4 絞りF2.0
Dsc08357_1

FE28mmF2 絞り開放:F2.0
Dsc08364fe2820_1

以下同じ順番で
F2.8
Dsc08358_1
Dsc08365_1

F4
Dsc08359_1
Dsc08366_1

歪曲はほとんどなく、真っ直ぐに写ります。
周辺減光は、開放では大きく、F2.8くらいまでは目立ちます。
周辺の解像も同じようにかなり悪いですが、F4くらいから目立たなくなります。
純正レンズの方は、ボディー側のレンズ補正が効いていて、開放以外では画面全体が均一に写りますね。
ところで、7artisans 28mmF1.4はかなり画角が狭いですよ、35mmとは言いませんが、30mm位の焦点距離なのではないかと思えますよ。

次は、別のレンジファインダーレンズと比べてみました。
7artisans 28mmF1.4 絞り開放
Dsc084422814_1

ウルトロン28mmF1.9 絞り開放
Dsc084462819_1

ビオゴン28mmF2.8 絞り開放
Dsc084502828_1

同じ順番で、絞ってF4
Dsc08445_1
Dsc08448_1
Dsc08451_1

ピントリングの操作感も、絞りリングのクリック感も高級感はないですが悪くはないです。
それに、絞りリングを回して同じF値にすると、ほぼ同じシャッター速度になりますから、中国製でよくあるいい加減な目盛ではなさそうです。
それなりにしっかりした作りのレンズですね。

ヘリコイドアダプターなので、もっと近寄ってみます。
以下同じ順番で
Dsc084522814_1
Dsc084562819_1
Dsc084592828_1

Dsc08455_1
Dsc08458_1
Dsc08460_1

やはり7artisans 28mmF1.4は、画角がかなり狭いですね。
開放での背景ボケは、スペック通りF1.4が一番ボケます。
しかし、F4以上に絞り込んだ時の鮮明感は、ビオゴンの方が均一でしっかりしています。
値段相応と言うことなのかなと思います。

あとは適当に7artisans 28mmF1.4で
Dsc08326_1
Dsc08487_1
Dsc08488_1
Dsc08494_1

そうそう、普通に遠景も、多分絞りF4
Dsc08500_1

周辺減光はかなりありますが、色被りはなさそうですね。

« 枝被りばかり | トップページ | とりあえず鳥撮り »

マウントアダプター」カテゴリの記事

Sony α7M2」カテゴリの記事

7artisans 28mmF1.4(M)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7artisans 28mmF1.4:

« 枝被りばかり | トップページ | とりあえず鳥撮り »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

カテゴリー