« とりあえず鳥撮り | トップページ | アカハラ »

2019年2月11日 (月)

トキナーFiRIN 20mmF2 FE MF の続き

今度は、ペンタックスK-1+サムヤン20mmF1.8と比較してみました。
どちらもマニュアルフォーカスのレンズで、ボディー内手振れ補正のある機材になります。
さらにライブビューで、拡大ピント合わせも可能な2機種です。

α7RⅡ+FiRIN20mm 絞りF5.6
A7r04428_1

K-1+サムヤン20mm
K_1p4449_1

画角はほぼ同じで開放値も同程度なので互角かな?と思っていたのですが、サムヤンと言うよりペンタックスK-1の性能が少し劣っている感じで、ピントが合わせづらいです。
ファインダーでフォーカスエイドに頼ると全くダメですし、肉眼で見極めようとしても広角ですからかなりしんどい。
背面液晶の拡大モードで使おうとすると開放F1.8ではピントの山がつかみにくい。
仕方なく少し絞り込んでピントを合わせて、それから絞りを設定などとやるものですから、面倒臭いのです。
絞り込んで縮小鑑賞なら、フォーカスエイドだけでも耐えられそうですが、等倍鑑賞するとどうしてもK-1+サムヤン20mmの方がピントが甘いです。
ソニーα7RⅡの電子ファインダーがいかに使いやすいかと言うことを改めて感じさせられました。

以下同じ順番で、絞りはF8だったかな?
A7r04433_1
K_1p4456_1

A7r04435_1
K_1p4459_1

A7r04439_1
K_1p4467_1

そうそう、もう一つ問題がありました。
同じISO感度と同じ絞り値なのに、同程度の明るさに写そうとすると、K-1の方がいつも1.5段ほどシャッターが遅いのです。
1眼レフ機用レンズとミラーレス機用レンズの差なのか?カメラ本体の感度の差なのか?よく分かりませんが、そんな症状がありました。
自分自身の覚えとして、記録しておきます。

« とりあえず鳥撮り | トップページ | アカハラ »

Pentax K-1」カテゴリの記事

Sony α7RM2」カテゴリの記事

SAMYANG 20mmF1.8 ED AS UMC」カテゴリの記事

Tokina FiRIN 20mmF2.0 FE MF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トキナーFiRIN 20mmF2 FE MF の続き:

« とりあえず鳥撮り | トップページ | アカハラ »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

カテゴリー