« タムロン15-30mmF2.8 | トップページ | KAMLANの28mmと50mm »

2019年3月25日 (月)

7artisans 28mmF1.4 その2

本来ならフィルムのレンジファインダーカメラでと思っているのですが、36枚撮りを消化するのに手間取っています。
そこで、APS-Cになりますが、エプソンR-D1sで少しばかり撮ってみました。
換算42mm相当になります。

R-D1s+7artisans 28mmF1.4にて
Epsn0451_1

Epsn0449_1

Epsn0445_1

Epsn0443_1

Epsn0441_1_1

Epsn0452_1

ISO200が最低感度で1/2000秒が最速シャッターのR-D1sではF1.4は無理でした。
明るいところではF4くらいからしか使えません。
逆に、近距離で暗いところで絞りを開くと、被写界深度が浅くてピンボケ必須です。
フィルムでも同じようなことになるのですが、昔はそれでもよかったのですよね。
少しくらいピンボケでも雰囲気が残るとか、あるいは記録としては被写界深度の深い写真の方がありがたいわけですから。
カメラと言う道具がどんどん発達して、ずいぶんいろいろなものが簡単に写せるようになった今だから、面倒臭いレンジファインダーカメラが心地よいのかな?

« タムロン15-30mmF2.8 | トップページ | KAMLANの28mmと50mm »

EPSON R-D1s」カテゴリの記事

7artisans 28mmF1.4(M)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« タムロン15-30mmF2.8 | トップページ | KAMLANの28mmと50mm »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

カテゴリー