« KAMLAN28mmF1.4 の続き | トップページ | AiAF24-120mm »

2019年3月 8日 (金)

20mmレンズいろいろ の続き

別の被写体で撮り比べです。

D750+AFS20mmF1.8にて、絞りF5.6
Dhh_0561_1

α7RⅡ+FiRIN20mmF2にて、絞りF5.6
A7r04453_1

EOS6DM2+EF20mmF2.8にて、絞りF5.6
Img_8113_1

K-1+サムヤン20mmF1.8にて、絞りF5.6
K_1p4726_1

以下同じ順番で、絞りはF4
Dhh_0575_1
A7r04457_1
Img_8120_1
K_1p4729_1

三脚固定でカメラを取り換えていたのですが、近い被写体では、ニコンとサムヤンが画角が狭くなり、FiRIN20mmが一番広く見えます。
フォーカス方式とか動かすレンズの違いで、実質の焦点距離がそれぞれのレンズで変化するのでしょう。
あるいは三脚穴の位置と撮像面の位置の差があることも影響しているのかな?

しかし、このレンズ達で一番差があったのは、最短撮影距離での最大倍率でした。
同じ順番で、すべて絞り開放
Dhh_0579_1
A7r04460_1
Img_8124_1
K_1p4732_1

単純に最短距離の順ではなく、その時の倍率と言うことですが、倍率が高いのは、ニコン20mmF1.8、サムヤン20mmF1.8、EF20mmF2.8、FiRIN20mm2.0の順でした。
同じような距離だと思っても随分倍率が異なるので、レンズってよくわからないところが面白いですね。

« KAMLAN28mmF1.4 の続き | トップページ | AiAF24-120mm »

EF 20mmF2.8 USM」カテゴリの記事

Pentax K-1」カテゴリの記事

Sony α7RM2」カテゴリの記事

EOS 6D Mark2」カテゴリの記事

Nikon D750」カテゴリの記事

SAMYANG 20mmF1.8 ED AS UMC」カテゴリの記事

Tokina FiRIN 20mmF2.0 FE MF」カテゴリの記事

AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20mmレンズいろいろ の続き:

« KAMLAN28mmF1.4 の続き | トップページ | AiAF24-120mm »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

カテゴリー