« 花盛り の続き | トップページ | ZENZANON EⅡ 75mm F2.8 の続き »

2019年5月19日 (日)

ZENZANON EⅡ 75mm F2.8

中判カメラ、ゼンザブロニカのレンズ、ZENZANON75mmF2.8のジャンク品を入手しました。1K
P1030116_1

比較的新しいレンズのようで、電子接点が付いていて、絞りとレンズシャッターが電気仕掛けで駆動されるタイプでした。
これは簡単には35mm判に改造できないかも?と暫く放置していたのです。
それが、なんとなく思い出して触ってみると、一応絞りダイヤルがあり、絞り込み確認用のプレビューレバーを操作すると羽が動きます。
P1030119_1

ちょうどプリセット絞りのようなイメージで、先にF値を設定しシャッターを切るときにレバーを操作するという使い方ができそうです。
また、シャッターもピント合わせのために開放状態で固定できるので、ミラーレス機などなら問題なく使えそうな気がしました。

と言うことで、ニコンマウントに改造?・・・といってもレンズ内の電子部品を取り除いて、ニコンのボディーキャップを無理やり組付けてしまっただけですが・・・。
P1030129_1
P1030125_1

後はフランジバックの調整なんですが、運のよいことに14mmの接写リングを挟んでやると、ほぼ無限遠が出せましたよ。
P1030127_1 
P1030130_1

早速、α7RⅡで試し撮り。
絞り開放
A7r05281_1

絞りF8
A7r05285_1

絞ってもあまり変化しない感じですね。
中判用のイメージサークルがありますから、周辺減光などはありませんし、平面的な被写体なので背景のボケ具合が判りませんでした。

別の被写体で
A7r05312_1 
A7r05313_1

A7r05324_1 
A7r05325_1

大口径ではないので、大きなボケは狙えませんし、開放での背景ボケは少しざわつく感じです。
あとは適当に。
A7r05291_1

A7r05293_1

A7r05311_1

それで考えてみたら、ニコンのカメラでも使えるのでした。
次回はD750で使ってみましょう。

« 花盛り の続き | トップページ | ZENZANON EⅡ 75mm F2.8 の続き »

マウントアダプター」カテゴリの記事

ジャンクレンズ」カテゴリの記事

Sony α7RM2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 花盛り の続き | トップページ | ZENZANON EⅡ 75mm F2.8 の続き »

フォト
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

カテゴリー