« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月の14件の記事

2019年12月31日 (火)

今年最後のへんてこレンズ

Lomogon32mmF2.5です。
P1000107_1
ニコンFマウントで仕入れました。
ダイヤル式で、丸い孔の絞りが切り替わっていくところが、特徴のレンズです。
P1000108_1
P1000109_1
D850で使うと、フォーカスエイドが効きますが、ピントは、ちょっと甘くなってしまいます。
Akk_0583_1
そこでやはり、α7RM2の高精細EVFの拡大表示でピント合わせ。
B7r01114_1
絞ってF4
B7r01117_1
AFレンズの方が、簡単なんだけれどね。
サムヤンAF35mmF2.8にて
B7r011193528_1
と言うことで、今年もたくさんカメラやレンズを仕入れてしまいましたよ。
まだまだ紹介していない、へんてこレンズやらカメラやらがあるはずですが、今年はここまで。
皆さん、良いお年をお迎えください。

2019年12月30日 (月)

FZ1000再び

行方不明になったのは、私が「大きく、重く、コンデジと呼べない」などと悪口を言ったせいなのかも知れませんね。
実は4年前に、宴会の2次会で酔っ払ってコンパニオンのお姉さんに差し上げてしまったらしい?FZ1000なのですが・・・。
その後、FZ1000はその動画性能から人気が高くなって中古も高値推移しまして、しかも同一機能の高級機も出たりして、購入に踏み切れずにいました。
ところが最近、後継機が発売されたようで、急に中古価格が下がってきました。
懐かしさもあって、中古美品が手元に来てしまいましたよ。
Dscn0606_1
Dscn0609_1
使ってみると・・・、
P1000077_1
P1000084_1
P1000098_1
P1000103_1
P1000028_1
P1000031_1
という感じで、普通にきれいに撮れただけなんですがね。

2019年12月25日 (水)

ロウバイが咲きましたよ

毎年、正月には咲いてくれる庭のロウバイが、今年はクリスマスに咲き始めました。
GF9+LAOWA4mmF2.8円周魚眼にて
P1000582_1
P1000588_1
ロウバイの横には赤いナンテンも
P1000580_1
おまけ
P1000594_1

2019年12月23日 (月)

最近の鳥撮り

100万カウントを記念して鳥さんの写真を撮ろうと、中古美品のパワーショットSX70HSを導入しました。
古い機材も一緒に、さてどこへ?と、辺りを見回したわけですが、庭の柿の木に何種類か来るので、ちょいと試し撮りを兼ねたトレーニングです。
SX70HSにて
Img_1103_1
Img_1191_1
SX60HSにて
Img_4570_1_1
Img_4349_1
Img_4397_1
ニコンB700にて
Dscn0464_1
Dscn0485_1
Dscn0514_1
枝被りばかりですね。
SX70HSにて、もう少し貼り付けておきます。
Img_1555_1_1
Img_1491_1_1 
新機材の威力が凄い!と言うほどではないですね。

2019年12月20日 (金)

ラオワ105mmF2STF(ぼけドリーマー)

ラオワのレンズを何本か仕入れてみて、中国製なのに値段が高いのも納得できる仕上がりと性能だなと・・・。
それで、よくよくホームページを見てみると、何やらSmooth Trans Focus(STF)と書かれたレンズがあるではないですか!
これってミノルタの135mmSTFと同じ仕組みのレンズだなと思い、カカクコムで調べると載っているのでした。
ソニーは、αE用に100mmF2.8を発売していましたし、そういえば富士フィルムのAPDレンズの56mmF1.2も同じ仕組みのレンズだったと思い出しました。
どりらもAFが可能なレンズなんですが、かなり高価だったのでなかなか手が出ませんでした。
ところが、このラオワのMFレンズなら、マウントアダプターでいろいろと使いまわしてやれそうだし、値段もそこそこでしたので、一本いってしまいましたよ。
ペンタックスKマウント用です。
Img_1001_1
Img_1002_1
Img_1003_1
ミラーレスカメラにはすべて使えますし、EOSにもまわせますし、ニコンFでもちょっとひねって使えます。

K-1ではファーカスエイドが効きますが、今ひとつジャスピンにできません。
K_1p4867_1
K_1p4862_1
やはり、ミラーレスの拡大モードで合わせた方がピントが正確ですね。
A7r06651_1
A7r06654_1
それで、ソニー純正の135mmSTFとの比較もしておきましょう。
α7RM2+SONY135mmF2.8STFにて
B7r01030135t45_1
LAOWA105mmF2STFにて
B7r01032105t32_1
同じ105mmF2と言うことでニコンのDC105mmF2にて
B7r01040dc105f2_1
おまけで、DC135mmF2にて
B7r01055dc135f2_1
玉ボケの大きさそのものはDCレンズもF値なりに大きいですし、背景もぼけてはくれるのですが、やはりSTFレンズのぼけはとても滑らかで縁取りがありませんね。
しかも、ピントが合った部分の解像が素晴らしく鮮明に感じるところも、STFレンズの特徴のようです。
ラオワの105mm、中々良いですよ。

後は、適当に貼り付けておきます。
B7r01069_1
B7r01071_1
B7r01075_1

2019年12月17日 (火)

短い秋でした。

今年は、なんだか秋が無いような感じでしたね。
Dsc09443_1
木々の紅葉がなかなかはじまらず、気が付けば枯れ葉になってしまったという感じでした。
Akk_0547_1
Akk_0548_1
先週・先々週と、名古屋の栄近辺に行きましたらイチョウが色づいていて、遅い紅葉をちょっとだけ楽しめたのですが・・・
Dsc09445_1
1週間後には、枯れ葉が舞うようになっていました。
B7r00993_1
B7r00995_1
B7r01016_1
秋が短いのは、地球温暖化の影響なんでしょうかね?

2019年12月16日 (月)

過重包装?

頂きものなので文句は言えないわけですが、ものすごく何重にも包装してあったので驚きました。
Img_1553_1
中身は甘納豆なんですが、右端の銀色の袋に入っています。
Img_1554_1
これを包む包装として、六角形の紙箱上下と中蓋と押さえのフィルムテープ、四角形の紙箱上下と押さえの紙筒、更にデパートの包装紙。
それで、よく見ると、国立博物館とのコラボレーションと書いたリーフレットが!
Img_1556_1
北斎の画がメインのギフトなのですね。
Img_1555_1
なかなかの味わいですよ。

2019年12月13日 (金)

祝!100万カウント! のおまけの続き

今度は、2005年頃の写真です。
ニコンのコンデジE5200とフィールドスコープで、デジスコばかりです。
Dscn3701a11
Dscn0507a01
Dscn6612a13
Dscn7799a12
Dscn7851a03
Dscn8339a10
Dscn8375a12
この頃が一番、鳥撮りにのめりこんで、シャッターを切る回数が多かったと思いますよ。

2019年12月12日 (木)

祝!100万カウント! のおまけ

2007年頃ブログ開設以前に、ペンタックスK10Dとシグマ170-500mmで撮っていた鳥さんたちも貼り付けておきます。
Imgp8183a11_1
Imgp0054a11_1
Imgp2020s01_1
Imgp2364a1_1
ボディー内手振れ補正が効いて、随分と暗いところでも撮れるようになりました。

2019年12月11日 (水)

祝!100万カウント!

2007年開設から12年半、良く続きました。
皆さんのご来訪のおかげです。
100万カウントを記念して、デジタル1眼EOS D60で撮った、2002年頃の写真をつまみ出しました。
鳥さんばかりを、追いかけていましたね。
Img_2412_1
Img_2762_1
Img_5099_1

2019年12月 7日 (土)

シグマ70mmF2.8マクロのEマウントの続きの続き

もう少し写真を貼り付けておきます。
カメラはα7RM2。
庭のサザンカが紅白で
A7r06643_1
A7r06634_1
A7r06635_1
A7r06645_1
A7r06640_1

ちょっと離れて中望遠レンズとして
A7r06626_1
A7r06627_1
A7r06629_1
良いですね。

2019年12月 6日 (金)

ラオワ10-18mmF4.5-5.6 FE の続きの続き

もう少し写真を貼り付けておきます。
ラオワ10-18mmにて広角端
A7r06599_1
HHW10mmF5.6にて
A7r06611_1
ラオワ10-18mmのズーム15mm付近
A7r06602_1
SWH15mmF4.5にて
A7r06614_1
遠景を等倍で確認すると、周辺へ行くに従って どうしても色収差が判ってしまいますね。
カメラのレンズ補正を有効に使えるHHW10mmやSWH15mmには勝てません。
しかし、これだけの超広角ですから仕方ないところです、普通の鑑賞サイズなら気にならないでしょう。

次は近景を、上と同じ順番で
A7r06616_1
A7r06619_1
A7r06617_1
A7r06621_1
こういう撮り方なら、周辺の色収差などはどこかに埋もれてしまいますね。
レンズ交換しないで自在に画角が変えられる、ズームレンズならではの使い勝手の良さが、旅行などでは重宝しそうです。

2019年12月 3日 (火)

ラオワ10-18mmF4.5-5.6 FE の続き

実はこのレンズ、最短撮影距離が0.15mと短く、超広角でもかなりのアップにできるのです。
A7r06578_1
A7r06583_1
A7r06588_1
A7r06598_1
面白いですよ。

2019年12月 2日 (月)

ラオワ10-18mmF4.5-5.6 FE

以前、マイクロフォーサーズ用のラオワの円周魚眼を使ってみて、取り扱いは大変でしたが、光学的な性能は随分良い感じがしていました。
そこで、今度はフルサイズEマウントの超広角ズームレンズを仕入れてしまいました。
中古でしたが、かなり値が張りましたよ。
実はEマウント超広角レンズは既に、10mm、14mm、15mm、18mm、20mmなどと単焦点で持っていたわけですが、これをズームレンズ1本でまかなえれば、旅行などでは都合が良いように感じたのでした。

ラオワ10-18mmのズーム10mm
A7r06442_1_1
HHW10mmF5.6
A7r06449_1_1
ラオワ10-18mmのズーム18mm
A7r064361018_1_1
サムヤンAF18mmF2.8FE
A7r064531828_1_1
もう少し別の場面で
ラオワ10-18mmのズーム10mm
A7r06487_1
HHW10mmF5.6
A7r06503_1
ラオワ10-18mmのズーム16mm
A7r06491_1
SWH15mmF4.5
A7r06508_1
単焦点レンズたちと、いい勝負していますよ。
後は適当に貼り付けておきます。
A7r06465_1
A7r06467_1
A7r06469_1
A7r06477_1
A7r06478_1
A7r06479_1 
これで、Eマウントズームはコンパクトなものが、10-18mm、16-35mm、28-75mm、70-200mmと、切れ目なく揃いましたよ。

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

フォト
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

カテゴリー