« ラオワ105mmF2の続き | トップページ | 夜景? »

2020年1月11日 (土)

ラオワ105mmF2の続きの続き

最短撮影距離が、0.9mまでしかないこのレンズですが、ペンタックスKのヘリコイド付き接写チューブを挟むと、約0.7mから0.4mまでがピント領域になりました。
Img_4600_1
Img_4598_1
最短:約0.4mで
K_1p5005_1
最長:約0.7mで
K_1p4998_1
これでマクロ的な写真が撮れるようになったわけですが、それなら初めからマクロレンズで良かったわけです。
蒐集癖と言うのは仕方ないですね。
以下、同じ順番で
K_1p5028_1
K_1p5020_1
K_1p5039_1
K_1p5043_1
滑らかなボケができるSTFレンズですが、接写チューブを挟んだこのような撮り方だと、思いがけず変な2線ボケのような表情が出てしまうこともありますね。
明らかに、想定外の使い方と言うことでしょう。
まあ、変な使い方と言うのも楽しみのひとつですから・・・。

« ラオワ105mmF2の続き | トップページ | 夜景? »

Pentax K-1」カテゴリの記事

LAOWA 105mm F2 Bokeh Dreamer」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ラオワ105mmF2の続き | トップページ | 夜景? »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

カテゴリー