« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月の19件の記事

2020年4月30日 (木)

シグマのマクロレンズが5本

シグマの150mmマクロを使っていたら、180mmも持っていたことを思い出しました。
そういえば過去には、180mmをもっているから150mmは要らないという判断をしたような?気もします。
ちょっと、撮り比べておきます。
カメラは三脚に載せ、同じ位置からレンズを取り換えてみました。
150mmマクロ絞り開放
Img_8842_1
絞りF5.6
Img_8844_1
180mmマクロ絞り開放
Img_8833_1
絞りF5.6
Img_8835_1
確かに、180mmと150mmなら180mmの方が背景もぼかしやすいし、ピント面のシャープさが際立って、より描写力がある気がします。
但しワーキングディスタンスはそれぞれ得意な距離があるので、全く同じと言うことでもないなぁ?と思ってみたり、また新しい方は手振れ補正のOSがついているので、それぞれ使い道がありそうな気がしたり・・・。

と、ここでまた思い出しました。
EOSマウントのマクロレンズは、シグマ製が5本になったことを。
Img_0889_1
左から、50mmF2.8、70mmF2.8、105mmF2.8、150mmF2.8、180mmF3.5です。
Img_0891_1
20年近く前から少しづつ、下取りなしで買い増ししてきましたから、こうなったわけです。
ついでにこの5本で撮り比べです。
カメラは同じ位置から、絞りはF4で合わせました。
50mm
Img_8831_1
70mm
Img_8818_1
105mm
Img_8814_1
150mm
Img_8808_1
180mm
Img_8811_1
何だかズームレンズをチェックしているみたいですね。
次は、それぞれ最短撮影距離の等倍付近から、絞りは開放です。
50mm
Img_8893_1
70mm
Img_8889_1
105mm
Img_8885_1
150mm
Img_8878_1
180mm
Img_8880_1
と、まあ、それぞれですが、50mm、70mmはスナップ感覚で使っているときに、たまに小さな被写体を見つけてクローズアップしたいなどという使い方ですね。
ですから等倍まで接近してなどとやろうとすると、結構大変な姿勢で撮ることになります。
逆に、150mm、180mmの使い方は、ある程度の距離からでもうまく背景をぼかせるので、印象的な写真が撮りやすいのですが、水平方向は良いのですが、上下方向の角度が付けにくいので写真が単調になりやすいですね。
そう考えると、100mm程度のマクロレンズが一番使いやすくて人気があるのが解る気がします。
私の場合、シグマ以外にタムロンやトキナーやコシナ、それに各カメラメーカーの純正など、マクロレンズは50本以上持っていますが、その内の半分が100mm付近のマクロレンズでした。
それだけのマクロレンズが、販売されてきたという事ですけれどね。

ああ、またくだらない写真を撮ってしまった。

2020年4月29日 (水)

シグマ150mmF2.8マクロの続きの続き

手振れ補正も付いていますし、超音波モーターで滑らかにAFするので、手持ちでもどんどんシャッターが切れてしまいます。
たくさん撮りすぎてしまってちょっと飽きてきましたが、貼り付けておきます。
EOS6DM2+シグマ150mmF2.8マクロにて
Img_8768_1
Img_8776_1
Img_8778_1
Img_8781_1
Img_8784_1
Img_8785_1
Img_8791_1
Img_8800_1

2020年4月28日 (火)

シグマ150mmF2.8マクロの続き

モッコウバラが全開でしたから、たくさん撮ってみました。
EOS6DM2にて
Img_8684_1
Img_8699_1
Img_8709_1
Img_8750_1
ナニワイバラの方もちょっと
Img_8734_1
Img_8727_1
EOSでは、どれも露出補正を+1~+2くらいしないと、適度な明るさに撮影できませんが、それ以外は簡単に撮れてしまいますね。
AF対応のアダプターでα7RM2でも使ってみましたら、AFはあてになりませんでしたが絞り動作は問題なく、変に補正は必要なく普通に露出設定できました。
MFオンリーでもマクロレンズだから、これで十分使えますよ。
B7r02471_1
B7r02476_1
B7r02461_1 

2020年4月27日 (月)

シグマ150mmF2.8マクロ

先月、トキナーの90mmマクロをAFテレコンで150mmF4相当にして使ったときに、「150mmマクロもありだな!?」と思ってしまいました。
そういえば大昔に一度使ったことがありましたが、借りものでしたので今度は新品で。
Img_4835_1
Img_4837_1
Img_4838_1
本当は、EOSマウントだけが、なぜだかとても安く売っていたからですが・・・。

EOS5DM2にて
Img_6255_1
EOS8000Dにて
Img_8131_1
EOS6DM2にて
Img_8524_1
Img_8549_1
Img_8646_1
Img_8653_1
という具合に順調に撮れたと言いたいのですが、どういうわけかどのカメラも常に露出補正を+1段程度加えておかないと暗く写るのでした。
+1を基準に逆光補正や被写体の調子に合わせた補正を加えなければなりませんでした。
キヤノンEOSマウント用はそんな特性になってしまうらしく、しかももう生産終了でROM対応もしないらしいのでした。
更にこのレンズ、本命だった6DM2のレンズ補正に対応しているものの、周辺減光補正をONにすると、ライブビュー撮影ができないという大きな欠点があったのです。
さらにもう一つ、周辺減光補正をONにしてもライブビューでなければ撮影できるのですが、絞り開放時に画面の四隅に妙な円弧が記録されるのでした。
これもシグマは対応しないらしいのです。
新しいカメラについていけないということなんですが、そもそも本数が出ていないレンズですから、プログラムを設計し直すのは無駄が大きいことになりますから、企業としては仕方ないところかもしれません。
「だから、EOSマウントだけ異常に安値で売られていたわけなのか!」
「たぶんそうだね。」
でも、対応の仕方は分かっていますから問題ないのですよ。

2020年4月26日 (日)

他の花撮り

α7RM2+TTArtisan11mmF2.8
B7r02399_1
B7r02414_1
B7r02424_1
G9+NOKTON42.5mmF0.95
P1000268_1
P1000267_1
G9+DG45mmF2.8マクロ
P1000187_1
P1000181_1
P1000189_1
G9+シグマ56mmF1.4
P1000226_1
P1000219_1
という具合で、自宅周りで色々と花が咲き乱れていましたよ。

2020年4月25日 (土)

モッコウバラとナニワイバラ

田畑の草刈り以外は、新型コロナウィルス対応で自粛モードしているのですが・・・、
自宅の庭では初夏の花が咲き始め、撮影してねと囁くので、いつも通り機材を色々と持ち出しては、撮ってみているのです。

α7M2+AFアダプター+アポランター90mmF3.5
Dsc09367_1
Dsc09370_1
パナソニックG9+シグマ56mmF1.4
P1000063_1
P1000076_1
G9+DG45mmF2.8マクロ
P1000103_1_20200425095101
P1000106_1
G9+フォクトレンダーNOKTON42.5mmF0.95
P1000270_1
P1000275_1_20200425095601
G9+シグマ56mmF1.4
P1000241_1
α7RM2+TTArtisan11mmF2.8
B7r02407_1
B7r02410_1
そういえば先週は雹(ひょう)が降りまして、しかも局地的で、隣町は全然関係なしだったとか。
この時期寒暖差も激しく、花粉症なのか?鼻かぜなのか?もしかしてコロナ?などと、体調が気になりますね。

2020年4月23日 (木)

久しぶりにフィルムのカメラで

最近は、かなり写真フィルムの状況が悪くなりましたね。お店に現像に出してやると、10日から2週間かかります。
私などは、古いフィルムの在庫をたくさん持っているので、もっと使ってやりたいのですが、現像期間の長さと費用の高さでなかなか消費できないでいるのですよ。
それで、数か月前にIKONにフィルムを入れたのですが、なかなかシャッターを切れず、先日(と言っても、もう2週間前ですが)やっと撮り終えたので現像に出したわけですが、初めのころの分はいったい何を撮ろうとしていたのか記憶がありません。
まあ一応記録ですから、少し貼り付けておきます。

7artisans28mmF1.4かな?
Scnikon041012814_1
Scnikon041022814_1
TTArtisan21mmF1.5のはず
Scnikon041052115_1
Scnikon04107_1
7artisans50mmF1.1かな?
Scnikon041385011_1
Scnikon041035011_1
TTArtisan11mmF2.8
Scnikon04113_1
Scnikon04114_1
35mm位なんだけど?
Scnikon04115_1
Scnikon04119_1
TTArtisan11mmF2.8魚眼
Scnikon04131_1
Scnikon04130_1
と、こんなところです。

2020年4月16日 (木)

さくら以外の花撮り

この時期桜ばかりアップしていましたが、ほかの花も撮っているのです。
Akk_1160_1
Akk_1167_1
Akk_1219_1
Dhh_2476_1_20200416202401
P1070289_2
K_1p5715_1
K_1p5731_1
機材はいろいろです。

2020年4月15日 (水)

ちょっと桜撮り

新型コロナウィルスのせいで暇ができたわけですが、改めてわざわざの撮影というものはできず、ちょっとした撮影ばかりしているわけですが・・・。
ロケーションに限りがあるので、機材の方を色々と取り換えて楽しんでいるのです。
D750+Irix11mmF4
Dhh_2473_1
Dhh_2475_1
K-1+FA43mmF1.9
K_1p5394_1
K_1p5383_1  
K-1+FA50mmF1.4
K_1p5418_1
K_1p5574_1
K-1+FA28-70mmF4
K_1p5581_1
K_1p5579_1
K-1+Velvet85mmF1.8
K_1p5634_1
K_1p5661_1
RX100
Dsc09683_1
Dsc09687_1
他人と接触しないように時と場所を選ぶのは、案外簡単なんですよ。
問題は、仕事と称して不要・不急な訪問・面談がいかに多いかという事です。
こちらがマスクをして距離を取っていても、近づいてきて大きな声で話をする営業マン?がたくさんいます。
コロナウィルスの情報が、働くお父さんたちに十分に伝わっていないのじゃないかな?
自分は若いから感染しないとか、重症にならないとかの間違った情報だったりするのかな?

D850+タムロン70-200mmF2.8VC
Akk_1177_1
Akk_1192_1
Akk_1201_1
D7100+タムロン100-400mmVC
Dgg_7821_1
Dgg_7810_1
そんなこんなで、できるだけ人に会わないようにして撮影を続けているこの頃なんです。

2020年4月14日 (火)

ちょっと魚眼

魚眼レンズでちょっと撮影などとやると、足や頭が写ってしまいますね。
Dsc01563_1
用心深くやらないと
Dsc01569_1
特に円周魚眼などでは、注意していても余計なものが
Dsc01564_1
背後まで気が回らないですから
Dsc01567_1
仕方ないですね。

2020年4月13日 (月)

最近の鳥撮り

草刈りをしていましたら、モズが
Img_0657_1
ツグミが
Img_0663_1
いたのですが、上手く撮れませんでした。
そこに、スズメとカワラヒワのツーショット!
Img_0665_1
偶然撮れたのですが、同じようなエサを同じように食べるのですね。

後は、またまた桜にヒヨドリ
Img_2476_1
Img_2494_1
本当は、夕日に透かして桜を撮ろうとしていたのですけれどね。
Img_2504_1

2020年4月12日 (日)

Irix 15mmF2.4

11mmF4に続いて15mmF2.4を、ペンタックスKマウントで仕入れてしまいました。
Img_4831_1
Img_4828_1
Kマウント用も電子接点が付いていて、レンズ情報がボディーに伝わるタイプで、15mmもF2.4も手動入力は必要ありませんでした。
ピント合わせだけがマニュアルで、その他の操作はオートフォーカスレンズと同じという要領です。
Img_4830_1
純正DFA15-30mmF2.8と比べると同程度のボリューム
Img_4832_1
但し、前玉の直径と飛び出し具合が異なっています
Img_4834_1
Irix15mmF2.4の方は、前側にフィルターが付けられるのでした。
私はあまりつけませんが、ハードに使う人は欲しいでしょうし、PLフィルターなどは使いやすいですよね。
フードに操作用の窓が付いていますしね。
まずは撮り比べ
Irix15mmF2.4、絞り開放
K_1p5451_1
DFA15-30mmF2.8広角端、絞り開放
K_1p5455_1
同じ順番で、絞りF4
K_1p5453_1
K_1p5456_1
Irixは、純正ズームの15mmより画角が広いですね。
歪曲は緩やかな樽型で、デジタル補正が効いているだろう純正と似たような感じです。
周辺減光は、絞り開放ではIrixは大きく、純正の方はたぶんデジタル補正が効いていて少ないです。
しかし、F4まで絞ればほとんど解消します。

画角の件ですが、普通に撮りそうな距離にして、私が持っているフルサイズPKマウントの超広角レンズで、もう少し比較しておきましょう。
純正DFA15-30mmF2.8 絞りはF5.6で合わせて
K_1p5801_1
Irix15mmF2.4
K_1p5799_1
サムヤン14mmF2.8
K_1p5803_1
純正17-35mm魚眼
K_1p5797_1
ほぼ、当初の認識通りでしたが、やはり魚眼レンズは、別格で広いですね。

後は、Irix15mmで、ちょうど満開を迎えたご近所の桜を撮ってみましょう。
K_1p5516_1
K_1p5517_1
K_1p5520_1
K_1p5521_1
K_1p5525_1
被写体が変わって、我が家の桜です
K_1p5599_1
K_1p5602_1
K_1p5607_1
K_1p5613_1
純正レンズも、サムヤンの14mmも持っているのに、またまた蒐集癖の賜物でしたね。
物としての出来は、問題なさそうなメーカーだと思いますが、海外メーカーですから保証などはどうなるか分かりません。
そんなことを気にすると、レンズ遊びはできませんから、故障したときは自己責任と言うことです。

新型コロナウィルス対応で、軒並み会議や集会が中止になって暇ができました。
しかし、かといって遊びに行くわけにもいかず、手近なところで人に会わないでやれそうなことはこんなものだろうと、いろいろ機材を引っ張り出しては、試し撮りを続けているわけです。

2020年4月 9日 (木)

7artisans 35mmF1.4

7artisans 35mmF2のEマウントを調べていたら、F1.4のEマウントがあることを発見。
しかし、「なんだか安いぞこのレンズ、もしかしたらAPS-Cタイプ?」
それで、もう一度よくよく調べると一応フルサイズ対応でしたので、買ってしまったのですよ。
P1090792_1
先に買ったTTArtisanと雰囲気が似ていて、同じ35mmF1.4なので同じレンズ構成なのかと思ったら全然異なっていました。
P1090787_1
それでも、レンズの刻印をみると、どうやら「DJ-OPTICAL」と言う同じ会社の製品のようです。
P1090784_1
2本を撮り比べてみました。
まずは背景のボケ具合
7artisans 35mmF1.4 絞り開放
B7r023257art_1
TTArtisan 35mmF1.4 絞り開放
B7r02337ttart_1
一応F1.4の大口径らしいボケ具合ですが、周辺の崩れ具合が違いますね。

同じ順番で、絞ってF2.8
B7r02327_1
B7r02339_1
TTArtisanの方が周辺の崩れが少ないです。

周辺減光の具合は
B7r023497art_1
B7r02361ttart_1
F2.8
B7r02351_1
B7r02363_1
開放では、同程度の周辺減光がありますが、絞りこむとTTArtisanの方が早く解消します。

周辺画質の収まり具合
B7r023737art_1 
B7r02385ttart_1
F2.8
B7r02375_1
B7r02387_1
やはり、7artisansの方は絞っても周辺画質はなかなかよくなりません。

色々と撮って見ると、「本来はAPS-C用で作ったのだけれど、周辺画質が低下するのもレンズの味だから、フルサイズで使ったって良いじゃないか?」という感じのレンズと言うことではないのかな?と、・・・。
値段の安さが理解できた感じですね。
フルサイズEマウントの35mmF1.4なら他にも持っていましたし、ニコンFマウントもペンタックスKマウントもアダプターで使えましたね。
またまた、蒐集癖のたまものでしたが、安かったので良しとしましょう。

2020年4月 8日 (水)

夜桜

先日、我が家の桜をライトアップしてみました。
Akk_1152_1
作業用のLED照明を数個配置してみたわけです。
Akk_1144_1
Akk_1141_1
月も出ていました。よく見ると星も。
Akk_1137_1
撮影は、D850+タムロン28-75mmF2.8

2020年4月 7日 (火)

Irix 11mmF4の続き

さくらの季節ですから、このレンズでもたくさん撮りましたので貼り付けておきます。
D750+Irix11mmF4にて
Dhh_2315_1
Dhh_2319_1
Dhh_2335_1
Dhh_2341_1
Dhh_2344_1
Dhh_2357_1
Dhh_2452_1
マニュアルフォーカスの超広角レンズなので、絞り込んで置きピンでなどとやっていましたが、接近した時はしっかりピント合わせしないといけませんね。

2020年4月 6日 (月)

Irix 11mmF4

よくわからないのですが、スイスとかポーランドのレンズらしいのです。
ニコンFマウントで入手しました。
P1090782_1
P1090780_1
防塵・防湿のヘビーデューティー仕様なのだそうですが、フルサイズ超広角11mmF4のレンズとしてみると、案外価格は低めに思えたりするのです。
P1090783_1
マウント部分に電子接点があり、ボディー側と通信して撮影情報をEXIFデータに記録できます。
マニュアルフォーカスのレンズなんですが、絞りリングが無く、ボディー側で操作する電気仕掛けなのです。
代わりに、ピント位置を固定するロックリングが配備されていて、いかにも風景撮り専用のようなレンズなんです。
P1090779_1
P1090778_1
私が持っているFマウントで近い焦点距離のシグマ12-24mmと比較しておきます。
カメラはD750
Irix11mmF4、絞りF8
Dhh_2394_1
シグマ12-24mmの広角端
Dhh_2391_1
Irix11mmF4は、十分画角が広く、歪曲もおおらかな樽型ですね。
絞り開放時の周辺減光は大きめですが、F8まで絞れば高画質です。
同じ順番で、もう少し離れた被写体で
絞り開放
Dhh_22841140_2
Dhh_22791245_2
絞りF8
Dhh_2397_1
Dhh_2400_1
シグマの12-24mmより高画質だと言い切れませんが、広さだけは確実ですね。
これより広いレンズとなると、コシナフォクトレンダーのHHW10mmF5.6となるのですが、ちょっと比べておきましょう。
D750+Irix11mmF4にて
Dhh_2435_1
α7M2+HHW10mmF5.6にて
Dsc09268_1
同じ順番で
Dhh_2449_1
Dsc09271_1
やはり、HHW10mmにはかないませんでした。
しかし、見た目のごつさや操作力の大きさ、防湿・防塵などを必要とするハードユーザーには、魅力的かも知れませんね。
表面処理をもっとおごった対候性タイプもあるそうですから、すごいことになっています。
私はただの蒐集癖ですから、そこまでこだわっていないのですけれどね。

2020年4月 5日 (日)

TTArtisan 21mm F1.5 の続き

もう少しウルトロンとの比較をしておきます。
自宅の桜を相手に、マウントアダプターでα7RM2で使いました。

TTArtisan
B7r022872115_1
ウルトロン
B7r022822118_1
同じ順番で、絞りF2.8
B7r02289_1
B7r02283_1
近い被写体でもう一度、同じ順番で
B7r022622115_1
B7r022572118_1
F2.8
B7r02264_1
B7r02258_1
どちらもしっかりしていて、本当にいい勝負ですよ。
後は、TTArtisanで適当に
B7r023192115_1
B7r023112115_1
B7r02307_1
ヘリコイドアダプターのおかげで随分アップにできて、面白いですね。

そうそう、R-D1sでも少し
Epsn0676_1
Epsn0684_1
少し絞れば、ピント合わせも大丈夫そうです。

2020年4月 4日 (土)

TTArtisan 21mm F1.5

もう1本紹介していなかったですね。これも随分前に手に入れたのですが・・・。
P1090774_1
P1090772_1
TTArtisanは、新しく登場した中国の高級ブランド?らしいのですが、ライカMマウントレンズを色々発売しているようです。
P1090775_1
P1090776_1
既に35mmF1.4と11mmF2.8魚眼を入手して、物の出来栄えは問題ないことは分かっていましたから、不安なく注文しました。
とりあえず、スペックの近いところで、ウルトロン21mmF1.8と撮り比べです。
カメラはα7RM2にて
TTArtisan
A7r068632115_1
ウルトロン
A7r068652118_1
絞ってF2.8
A7r06864_1
A7r06866_1
画角も同等で、描写もどちらも今どきの高性能で、いい勝負してますよ。
ウルトロンの方がかなり高価だったはずですが、中国製もどんどん良くなってきますね。
それに合わせて、値段も高くなりつつありますが・・・。

ちょっとこのまま持ち出してみましょう。
α7RM2+TTArtisan21mmF1.5にて
A7r07009_1
A7r07006_1
超広角ですから半逆光では、うっかりするとゴーストが出てしまいました。
A7r07007_1
手でハレギリしながら撮り直し
A7r07008_1
中々良いですね。
デジタルカメラのおかげで、ライブビューでしっかりピント合わせできますし、その場で確認してすぐに撮り直しができます。
ライカMマウントの連動カム機構がなくても構わないのですが、本家ライカもミラーレスを出してきましたから、もうMマウントも終わりでしょうかね?

2020年4月 3日 (金)

TTArtisan35mmF1.4

かなり前に購入したまま、紹介していなかったレンズがありました。
中国製のライカMマウントのレンズです。
P1090769_1
P1090765_1
ネット上の評判も良いし、値段も手ごろな感じがして買ってしまいました。
P1090770_1
P1090771_1
7artisansと間違えそうなんですが、別ブランドです。
でもデザインなんかは似ているような気もしますね、同じ会社なのかな?

とりあえず、同等のスペックのノクトン35mmF1.4と比較です。
カメラは、α7RM2にて
TTArtisan
A7r06785ttal3514_1
ノクトン
A7r06779nokt3514_1
同じ順番で
A7r06749ttal3514_1
A7r06754nokt3514_1
なんだかノクトンより高性能な感じですね。
クラシックではなく、今どきのレンズと言うことかな?

後は、レンジファインダーのR-D1sで適当に撮ってみました。
Epsn0704_1
Epsn0702_1
Epsn0706_1
Epsn0691_1
Epsn0695_1
距離計連動カムもあっているみたいな気がしますよ。
これから、色々と試していきましょう。

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

カテゴリー