« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月の27件の記事

2020年5月31日 (日)

サムヤンAF75mmF1.8

サムヤンの新しいレンズです。
Px731764_1_1
APS-Cでも
P1000562_1_1
軽量コンパクトで持ち歩きには楽そうなレンズです。
しかし最短撮影距離が長く撮影倍率も高くありませんので、お散歩レンズとしては使いにくいかな?
α7RM2+サムヤン75mmF1.8にて、ほぼ最短距離から
B7r03120sam7518_1
B7r03162_1
B7r03169_1
B7r03179_1
B7r03167_1
草花のアップだと、ちょっと足りない感じですよ。
少し離れて、ポートレート距離が得意ですね。
B7r03184_1
B7r03187_1
B7r03153_1
安いのに、かなり性能が良いです。

2020年5月28日 (木)

特別定額給付金

届きましたよ、申請用紙が。
Dscf9350_1
岡崎市では、給付金を希望か?不要か?の選択欄が付いていました。
Dscf9349_1
我が家では、全員希望するにチェックをして申請しましたよ。
入金があったら、いくらかは寄付に回すつもりです。

ところで、アベノマスクはまだ届きませんが、どうなっちゃったんでしょう?
これまであちらこちらで頂いた、粗品マスクを使いまわして、しのいできたのですけれど・・・。

2020年5月26日 (火)

APS-C用の35mm大口径レンズ

ソニーEマウントのAPS-Cフォーマットまでの大口径35mmレンズを何本か持っています。
Neewer35mmF1.2、7Artisans35mmF1.2、Zhongyi35mmF0.95です。
Dsc01604_1
Zhongyi35mmF0.95は異様に大きく見えますが、これでもAPS-Cフォーマットまでしかないのです。
Dsc01608_1
どのレンズも、絞り羽の枚数が多くて、レンジファインダーレンズのようですね。
Dsc01611_1
そして、マニュアルフォーカスの絞り込み測光で使うレンズです。
APS-Cフォーマットですから、焦点距離もF値もフルサイズ換算で1.5倍相当と見ておかなければなりません。
ですから、35mmF1.2×1.5≒53mmF1.8相当 という感じです。
どれも中国製?台湾製?なので安いのですが・・・、購入価格は11K、17K、70Kです。

α6000で撮り比べてみました。
まずは絞り開放で
Neewer
Dsc01593neew3512_1
7Artisans 
Dsc015917art3512_1
Zhongyi
Dsc01589zng35095_1
絞って、F2
Dsc01594_1
Dsc01592_1
Dsc01590_1
少し離れた被写体で
Dsc01599_1
Dsc01597_1
Dsc01595_1
絞り開放でのボケ具合は確かに違うのですが、ちょっと絞ってしまえば大差ない?気がします。
強いて言えば、Neewerの方がちょっと固い印象で、7Artisansの方はぼんやりした柔らかい感じでしょうか?
Zhongyiは1段口径が大きいですから、背景ぼかしには有利です。
ほかにもフルサイズ対応の35mmF1.4のレンズなら、まだたくさん持っているのですが、また別の機会にします。
そうそう、APS-Cフォーマットなら、富士フィルムのXF35mmF1.4もありましたね。
こんなことを延々とやって、レンズ遊びをしているわけですが、早くどこかに出かけたいですね。
ああ、またくだらない写真ばかり撮ってしまった。

2020年5月25日 (月)

最近の鳥撮り 4

また別の日の夕暮れです。
我が家の庭に、ひばりが。
Img_0906_1
暗くて、シャッター速度が遅く、被写体ブレしています。
Img_0908_1
いったい我が家は、野鳥の楽園なのか???
この後、田んぼを見るとハクセキレイの親子がいたのでカメラを向けたのですが、前を横切るものが!?
Img_0923_1
コチドリでしたが、なかなか止まりません。
Img_0925_1
何ショットかシャッターを切って、何とか止まりました。
Img_0927_1
Img_0930_1
もしかして、みんなここに住み着いているのかな???
我が家の庭から地続きの田んぼなんですよ。

2020年5月24日 (日)

最近の鳥撮り 3

続きです。
代掻き前の田んぼに、ハクセキレイの親子がきました。
Img_2603_1
Img_2618_1
Img_2622_1
くちばしが黄色いのは、どの鳥も同じなんですね。
同じ個体だと思いますが、別のシーンで
Img_2682_1
Img_2684_1
ほらね、黄色いでしょう。

2020年5月23日 (土)

最近の鳥撮り 2

別の日です。
天気の良い早朝、普段聞きなれない鳥の声がしました。
コチドリですね。
Img_2566_1
Img_2578_1
Img_2584_1
ちょうど木の葉の隙間から撮影できましたので、逃げずにいてくれました。
Img_2592_1
Img_2594_1
コチドリの向こうにムクドリも来ていましたよ。
Img_2597_1

2020年5月22日 (金)

最近の鳥撮り 1

ちょっと前ですが、田んぼに水が張られ、代掻きが始まりました。
ちょうど雨が降っていて、鳥たちがやってきました。
カルガモ
Img_2514_1
セキレイ
Img_2524_1
Img_2525_1
ヒヨドリもずぶ濡れで屋根の上
Img_2529_1
稲の苗も準備されていました
Img_2539_1 

2020年5月21日 (木)

首相官邸?

先日、近所の公園に行きましたら、水飲み場の取っ手に新型コロナウィルスの注意書きのチラシが貼られていたのですが・・・、
Pg9p0685_1
よく見ると、発信元が「首相官邸」となっていました。
Pg9p0686_1
何だかとても違和感があったのですが、そういうものなのでしょうか?
普通は、市や県の保健所とか、国なら厚生労働省ではないのかな?と感じたのですが、どうなんでしょう。
保健所や役所の人たちは、今は大変忙しいので、緊急事態宣言をした一連の流れで、首相官邸が準備したチラシということなのかな?

調べてみると、首相官邸だけでなく厚労省や農水省、その他民間でも、いろいろなところから感染防止や休業案内・営業自粛の案内などのビラのデザインが、ネット上で無償提供されているのでした。
自分でダウンロードして目立つところに掲示して、広く啓発活動してね!と言うことのようです。
今の閉塞状況に対して、何か貢献したいという皆さんの気持ちの表れだったんですね。

2020年5月20日 (水)

TECHART(テックアート) LM-EA7

ライカMマウントレンズをαEマウントカメラにつけてAF化しちゃうアダプターです。
Img_2673_2
下に出っ張ていますので、カメラを三脚に付けようとすると何らかのスペーサーが必要です。
Img_2677_2
α7シリーズは薄っぺらなので、スペースが無いのです。
Img_2678_2
手近にあったボトムグリップが何とか使えましたが、ちょっと長すぎでしたかね?

とりあえず、コシナのヘリアー40mmF2.8で
Dsc095214028_2
Dsc09527_2
Dsc09530_2
Dsc09534_2
Dsc09551_2
Dsc09555_2
上手くピントが合うときと、合わないときがあります。
AFエリアは、中央付近は良いのですが、少離れると中々合焦しません。
当初、MFへ切り替えることもできませんでしたが、面倒臭い手順で設定すると、できるようになりました。
設定前は、ピント合焦しないとシャッターが切れませんでしたし、拡大プレビューでピント確認もできませんでした。
こんなに高い値段でこんな程度か!とあきれていたのですが、よくよく取説を見ると、AF/MFの切り替え可能に設定することが出来ました。
電子制御のアダプターは、中々大変ですね。

2020年5月19日 (火)

マニュアルフォーカスのハチゴーイチヨン

85mmF1.4のレンズは色々と持っているのですが、その中でマニュアルフォーカスの物は、現時点で3本持っていました。
コシナツァイスのプラナー85mmF1.4ZF(65K)、京セラコンタックスのプラナー85mmF1.4(50K)、サムヤンのPKマウント85mmF1.4(30K)です。
P1090836_1
P1090837_1
サムヤン以外は中古購入で、カッコ内は購入価格。

公平を期すために、マウントアダプターでα7RM2で使ってみました。
コンタックス
B7r02620yc_1
ツァイス
B7r02625zf_1
サムヤン
B7r02630sam_1
同じ順番で
B7r02590yc_1
B7r02595zf_1
B7r02600sam_1
他のシーンも、絞りを変えながら延々と比較撮影してみたのですが、プラナーはメーカーが異なってもほとんど同じ描写でした。
経年劣化があるかとも思いましたが、撮れた写真では私には見分けられないようです。
それからサムヤンは、ならべて見比べると少し表情が異なるのは分かるのですが、単独で見せられたら見分けがつきません。
絞り羽の多角形だけは各社様子が異なるので、もしかすると背景の玉ボケだけは見分けがつくかもしれませんね。

それにしても、どれも1眼レフ用のレンズですから、以前はペンタプリズム経由の光学ファインダーでピント合わせをしていたのですね。
それが最近では、ミラーレス1眼の高精細EVFで、しかも拡大モードでピント合わせができるようになりましたので、ありがたいことです。
そこで分かってきたことが、実はどのレンズも絞り開放ではピントの山がつかみにくく、また開放からF2.8くらいまでは絞りによるピント移動があるようで、うっかり開放でピント合わせしたつもりでいると、絞ったらピンボケになっていたと言うようなことがあるのです。

AFレンズは、いったいどうやってこのあたりをこなしているのでしょうね?
かなり昔ですが、ペンタックスのFA28-70mmF4が、絞りを変えるとピントリングが少し回ってピント位置をずらすような動作をしていたのですが、メーカーサポートに問い合わせてもそんなプログラムは入れていないとの回答でした。
でも、絞りによるピント移動を修正するのは理にかなっていて、実際に撮れた写真は狙ったところにピントが来ていましたから、正解だったんじゃないかと思っています。
新型コロナウィルス対応で会合などの用事が消えて時間ができたのですが、被写体を求めて外出するのははばかられるので、自宅でこんなことばかりですよ。

2020年5月18日 (月)

ノクトンクラシック40mmのシングルコート

ノクトン35mmの方でマウントは異なりますが、SCとMCの色具合が異なるのを見て、そういうものか!と思ったわけですが・・・。
ネットサーフィンしていたら、40mmのSCタイプがとても安く売られていたので、うっかり手が出てしまいました。
もうずいぶん古いモデルになってしまったし、後継機種が出ていますので売れないのでしょうね。

ノクトンクラシック40mmのマルチコートとシングルコートです。
P1090827_1
ちょっとわかりにくいですが、レンズに反射するLED照明の色が異なります。
シングルコートの方が赤系一色の反射に見えます。
P1090829_1
それだけ赤味が排除された光がとおるという事かな???

α7M2で、とにかく撮ってみました。
シングルコート
Dsc09380sc_1
マルチコート
Dsc09383mc_1
同じ順番で
Dsc09395sc_1
Dsc09401mc_1
Dsc09406sc_1
Dsc09412mc_1
Dsc09431sc_1
Dsc09434mc_1
Dsc09455sc_1
Dsc09461mc_1
やはり、ほんのわずかですがシングルコートの写真は赤味が薄れて、あっさりした感じですね。
逆光だとか、点光源が入った場合などはまた違った表情になるのかも知れませんが、差があることは分かりました。
だからどうだ!?と言われても答えようもないのですが、蒐集癖なものですから色々と揃えたいわけですよ。
おおそうだ、次はフィルムカメラで試してみたいですね。
ちょうど、ベッサR3Mのファインダーは40mm画角のブライトフレームでしたからね。
P1090832_1
P1090831_1
でも、フィルムだと現像に時間がかかるから、何をしたかったのか忘れてしまいそうですね。
まあ、それはそれでよしとしましょう。

2020年5月17日 (日)

シングルコートとマルチコート

レンズのコーティングのことなのですが、大昔、(たぶん高校の授業だったような?)聞いた話です。
レンズを通る光がプリズムの原理で分光するのを防ぐため、波長に見合った厚さのコーティングをすると、その分位相差が起き、一旦ずれた波を元の波と一致させることができる?などと言うことを聞いたような気がします。
それで、ガラス面の角度や光の周波数などが色々あるので、何層ものコーティングで出来るだけ補正してやるのだとか?
なので今どきのレンズは、マルチコーティングがおこなわれているらしいのです(すごくいい加減な記憶ですので、あてにしないでください)。
※記事を書く前に調べればよかったのですが、レンズのコーティングはガラスと空気の境界面の反射を抑えて光の透過率を高めるために行うのだそうです。コーティング幕によって位相差を起こし、反射光に干渉させることで打ち消すのだとか書いてありました。大昔の記憶がいかにいい加減だったかと言うことを、改めて確認してしまいましたよ。

前置きはこんなところにしておいて、ちょっと前にカカクコムの質問で試した、シングルコートとマルチコートのことを書いておきます。

カメラはα7M2。
NOKTON35mmF1.4SC(Mマウント)にて
Dsc09328sc_1
NOKTON35mmF1.4(αEマウント)にて
Dsc09330e_1
以下同じ順番で
Dsc09335sc_1
Dsc09332_1
Dsc09341_1
Dsc09339_1
マルチコートの方が少し暖色系に振られた感じで、色のボリューム感がありますね。
それに比べて、シングルコートはあっさりした感じ。
同じNOKTON35mmですが、マルチコートの方は新しくEマウント用に見直しされていますし、カメラ側のデジタル補正も効いているかも知れませんので、純粋にコーティングの差とは言い切れませんが、そんな感じを受けました。
まあ色の違いだけなら、今どきのデジタル処理で何とでもなりそうなんで、意味のないことかもしれませんね。

2020年5月16日 (土)

富士フィルムX-E3

中古美品を入手しました。
実は、シルバーの7Artisans35mmF1.2を買ったので、これに似合うシルバーボディーをと思って、中古を探しました。
Img_2551_1
付けてみると、少し色目が異なりますね。
Img_2554_1
Img_2555_1 
仕方なく、小ぶりなレンズということで、純正の16mmF2.8のシルバーを追加。
Img_2557_1
Img_2556_1
やっぱり純正はピッタリ合いますね。
でも後で気づいたのですが、シルバーボディーならX-E1を持っていましたし、シルバーのレンズはヘンイージア25mmを持っていたのでした。
Img_2561_1
でもやはり純正同士の方が、合っていることは確かなんですよ。
Img_2558_1

と言うことで、とにかく撮ってみました。
X-E3+7artisans35mmにて
Dscf5170_1
Dscf5180_1
Dscf5191_1
Dscf5187_1
レンズを手近にあったサムヤン135mmF2に換えて
Dscf5146_1
Dscf5138_1
Dscf5131_1
Dscf5125_1
そうそう、純正のXF16mmF2.8も
Dscf5185_1

2020年5月15日 (金)

久しぶりにH-PROT40mm の続き

マクロばかりでは面白く無いので、普通の距離の写真も撮ってみました。
α7M2+H-PROT40mmF6.3にて
Dsc09507_1
Dsc09505_1
Dsc09503_1
Dsc09496_1
Dsc09495_1
Dsc09494_1
Dsc09493_1
40mmF6.3でパンフォーカスのスナップ的な使い方なんですが、どうも柔らかいものより硬いものの描写の方が相性が良いような気がします。
街中の構造物とか人工物を撮ってみたくなるレンズですね。

2020年5月13日 (水)

久しぶりにH-PROT40mm

久しぶりにこのレンズを出しました。
P1000558_1
P1000559_1_20200513100901
P1000557_1
ライカMマウントのレンズなんですが、マクロが得意なので蛇腹で繰り出す使い方をしています。

撮ってみると
6DM2+ベローズ+H-PROT40mmF6.3
Img_8948_1
Img_8949_1
Img_8958_1
Img_8960_1
Img_8972_1
Img_8968_1
ベローズで超マクロ状態ですと、直径5~7mm程度の花が画面からはみ出すほどの接写になってしまいます。
ただし、15cmもレンズを繰り出しているので、露出倍数が大きくてシャッター速度が遅くなりがちですので、三脚とマクロスライダーで完全装備しての撮影となります。
測光方式にもよるのでしょうが、露出補正も必須でして、面倒臭い事この上ないという感じですよ。
さらに屋外ですから、無風に感じるくらいでも被写体ブレが起きてしまいます。
何10ショットも撮って、やっとピンボケぶれ無し写真が撮れたのですが、ただそれだけでした。
暇つぶしにはなったかな?

2020年5月12日 (火)

G9とFZ1000

どちらもかなり大きいカメラですね。
P1090824_1
4K動画を撮ろうとすると、発熱が凄いですからこんなサイズになってしまうのでしょうか?
私は、ほとんど動画をやらないので、発熱問題はないのですけれどね。
G9+MZD75mmF1.8にて
Pg9p0649_1
FZ1000の154mm相当にて
P1000549_1_20200512220901
以下同じ順で
Pg9p0651_1
P1000550_1
Pg9p0656_1
P1000552_1
ボケ具合が違いますが、もっと望遠へズームすればFZ1000でも
Pg9p0669_1
P1000554_1

2020年5月11日 (月)

MACRO APO-LANTHAR 125mmF2.5の続き

たくさん撮ったので、季節の花をもう少し貼り付けておきましょう。
B7r02748_1
B7r02740_1
B7r02731_1
B7r02692_1
チルトアダプターだったので、もしかするとレンズを傾けて撮ったものがあったかも?
どれだかわかりませんが、適当に見てください。
B7r02697_1
B7r02675_1
B7r02684_1
B7r02689_1
最後のは、葉っぱでしたね。

2020年5月10日 (日)

MACRO APO-LANTHAR 125mmF2.5

久しぶりに大きく重いレンズを引っ張り出しました。
コシナフォクトレンダーのマクロアポランター125mmです。
P1090817_1
前の記事のオリンパスの60mmが換算124mmでしたから、「おおそうだ!125mmを持っていたぞ!」となったわけです。
M42スクリューマウントですが、フルサイズα7RM2にマウントアダプターで取り付けました。
P1090816_1
ヘリコイドを繰り出すとこんなに長くなります。
P1090819_1
三脚を使わず、ボディー内手振れ補正を信じて適当にシャッターを切っていました。
結果、上下左右のブレよりも、前後方向のピントずれの方が多くて、歩留まりが悪かったですよ。
とは言えデジカメですから、たくさんのショットの中から、それなりの物を選び出せましたよ。
B7r02714_1
B7r02705_1
おまけで、純正90mmF2.8マクロにて
B7r02679_1
B7r02668_1
B7r02666_1
B7r02659_1 

2020年5月 9日 (土)

G9とMZD60mmマクロ

G9にオリンパスの60mmマクロを付けてみました。
P1090822_1
P1090820_1
P1090821_1
なんだかすごくアンバランスな見た目になりました。
でも、G9のボディー内手振れ補正が効くはずですし、AFも快適に決まるはず。
撮ってみました。
Pg9p0581_1
Pg9p0610_1
Pg9p0587_1
EXIFを見ると、フルサイズ換算124mmと表示されます。
望遠マクロは、手ごろなワーキングディスタンスで、どんどんシャッターが切れます。
G9のシャッターボタンは凄く浅い位置でレリーズするので、ちょっと慣れが必要かも。
でも力が要らないので、手振れしにくい気もします。
Pg9p0589_1
Pg9p0595_1
Pg9p0625_1
Pg9p0629_1
簡単すぎて、きりがないですね。

2020年5月 8日 (金)

KAMLAN50mmF1.1 Ⅱ

KAMLAN50mmF1.1のⅡ型は、Ⅰ型に比べかなり大きく重いです。
ですから小型のマイクロフォーサーズのカメラには似合わないと、長らく防湿庫に埋もれていました。
G9がかなり大柄なので、似合うかも知れないと付けてみました。
Px731762_2
Px731760_1 
左がGX8+Ⅰ型、右がG9+Ⅱ型
Px731762_1
それぞれバランスがとれて、なかなか格好良い!?
Px731759_1
おまけで、フォクトレンダーのノクトン50mmF1.1を加えて撮り比べです。
Dscf9238_1
Dscf9239_1
G9+KAMLAN50mmF1.1 Ⅱ型
Pg9p0497kam50112_1
G9+KAMLAN50mmF1.1 Ⅰ型
Pg9p0502kam50111_1
G9+ヘリコイドアダプター+ノクトン50mmF1.1
Pg9p0507nok5011_1
もう少し離れた被写体を、同じ順番で
Pg9p0531kam50112_1
Pg9p0537kam50111_1
Pg9p0543nok5011_1
マイクロフォーサーズは撮像素子のフォーマットが小さいので、フルサイズやAPS-C用を流用したレンズでは周辺減光は全く気にならないですね。
専用レンズのノクトン42.5mmF0.95は、それなりに周辺減光があるのですけれどね。
それから、このⅡ型は最短撮影距離が40cmまで縮みましたので、結構アップに撮れます。
Ⅰ型に比べて大きく重くなった分だけ描写は鮮明・繊細になった気がしますが、やはり重たい。

後は、G9+KAMLAN50mmF1.1 Ⅱ型で適当に
Pg9p0560_1
Pg9p0568_1
P1000396_1
P1000398_1
P1000410_1

2020年5月 7日 (木)

パナソニックG9とシグマ56mmF1.4の続き

雨上がりの草木がとても新鮮に見えたので撮りました。
Pg9p0443_1
Pg9p0445_1
Pg9p0447_1
Pg9p0458_1
Pg9p0460_1
Pg9p0465_1
ありゃ~、日の丸構図ばかりでしたね。

2020年5月 6日 (水)

パナソニックG9とシグマ56mmF1.4

そういえば、このカメラとレンズが紹介してありませんでした。
P1070357_2
パナソニックGシリーズは、G1、G3、G5と購入した後、GF・GMシリーズのコンパクト系と、GXシリーズのレンジファインダー風ばかりを追加してきました。
Gシリーズが巨大化してしまったのが理由だったのですが、今回G9のファインダー倍率が1.66倍(フルサイズ換算で0.83倍)となったことで、がぜん興味が湧いてしまい、中古購入となりました。
で、やはり大きいですね、このカメラ。
P1070357_1
P1070361_1
同じ撮像素子の大きさなのに、GM1とG9なのですから、よほど無駄に空間があるのだろう?と思ってしまいます。
撮影時の操作性と言う意味では、ホールドしやすくてやはりこのサイズかな?とも思いますが、それならフルサイズで良いじゃない!となりますね。
P1070358_1
それでもこれが、GX8と比べるとそれほど大きくはないので、そうだなぁとなります。
P1050694_1
これまでGX8のファインダー倍率が1.54倍(フルサイズ換算0.77倍)で、ソニーα7RM2の0.78倍と同等でとても見やすいと感じていましたが、G9のファインダーはさらに広く見やすくなりました。
ちょうどマニュアルフォーカス時代のフィルムカメラ並みの倍率なんですよ。
過去をたどると、AFタイプになってからは、どんどん倍率が下がって視野率も下がってを繰り返していたので、全く面白くなかったのです。
デジカメになって、ミラーレスのEVFがどんどん良くなって、がぜんマニュアルフォーカスでのピント合わせが楽しくなりましたね。
P1000231_1
さて次にシグマの56mmレンズの方ですが、マイクロフォーサーズの大口径レンズとしては、ノクトン25mm、42.5mmとか、カムランの28mm、50mmなどを持っていたのですが、皆MFレンズですし、ちょっと重いので気軽に持ち出す感じではなかったのですよ。
それで調べていると、値段も手ごろなこのレンズが目に止まりました。
P1000085_1
マイクロフォーサーズの初期のころ、まだレンズの種類が少ない時に30mmと60mmをいち早く発売してくれて、ありがたかったのですがその後はさっぱり縁がありませんでした。そこで、久しぶりにシグマでマイクロフォーサーズとなったのです。
P1000201_1
112mm相当の中望遠レンズで、最短撮影距離もそこそこに短く、AFもそれなりに速いのでとても使いやすく、さらにボディー内手振れ補正も効くので、気軽に撮影できます。そして、G9のファインダーの見やすさもあって、とても気持ちよく使えるのでした。
P1000018_1
P1000422_1
P1000430_1
前段のマニュアルフォーカスが楽しい件と後段のオートフォーカスが気楽な件が背反しますが、そんなこんなで色々と機材が増えていくのですね、蒐集癖の恐ろしいところです。

2020年5月 5日 (火)

OPTEKA 15mmF4 WIDE MACRO の続き

超広角15mmですから、マクロ的な写真を撮るにはかなり接近しなければなりません。
B7r02643_1
B7r02642_1 
そしてピントが激薄ですから、被写体にもじっとしていてもらわなければなりません。
Dscf9225_1
Dscf9226_1
Dscf9228_1
三脚とマクロスライダーで構図とピントを微調整しながらなどとやってみたのですが、ちょっと風が吹けば、ずれてしまいます。
最後はあきらめて、カメラ任せの連写・連写ですよ。
B7r02649_1
トリミング拡大
B7r02649_2
B7r02655_1
トリミング拡大
B7r02655_3
トリミングしなくても等倍撮影ができるはずなのに、なんだかへんてこな事になっています。

2020年5月 4日 (月)

ロードスターでひとっ走り

新型コロナウィルス対応で、自粛モードばかりでは気が滅入るので、他人と会わないでも気分転換できるだろうと、ちょっとドライブです。
それで、途中でパシャパシャとロードスターを撮ってやりました。
α7RM2+タムロン28-75mmにて
B7r02485_1
カメラを替えて、G9+G42.5mmF1.7にて
P1000360_1
P1000366_1_20200503105001
P1000368_1
もう1台、K-1+サムヤン135mmF2にて
K_1p5985_1_20200503104901
K_1p5984_1_20200503104901
K_1p5986_1
一応、風景らしいものも
P1000372_1_20200503105001
K_1p5980_1
P1000377_1 
おっと、前の記事と同じ写真がありましたね。ま、いいか?

2020年5月 3日 (日)

サムヤンMF135mmF2の続き

キヤノンのEF135mmF2Lと比較してみました。
K-1+サムヤン135mmF2 絞り開放
K_1p6074_1
EOS6DM2+EF135mmF2 絞り開放
Img_8927_1
以下、同じ順番で
K_1p6076_1
Img_8929_1
K_1p6080_1
Img_8932_1
レンズの差もあるのでしょうが、カメラの差もだいぶん効いていますね。
パッと見鮮やかなEOS6DM2の画と、渋めで諧調表現豊かなK-1と言う感じ。
レンズとしては、AFとMFの差が大きいわけですが、最短撮影距離やその時の倍率などは大差ないですね。
それと、測光方式を同じにしなかったので正確ではないのですが、同じ絞り値でEOS6DM2の方が常に2/3段速いシャッター速度が出ていまして、それでも明るく撮れていました。
以前にもペンタックスのカメラでは同じような感じを受けましたが、設定ISO感度に対して実効感度が低いのではないかと言うことです。
富士フィルムのカメラもそんな感じを持ていますが、本当のところどうなんでしょうね?
あるいは、レンズのピント合わせの方式が異なっているので、近距離撮影では露出倍数がかかっているという事なのかな?
まあ、デジカメですからなんとでも対応ができるので、あまり比較しても意味がありませんから、これで終わります。

2020年5月 2日 (土)

サムヤンMF135mmF2

1年以上前に購入したのですが、中々使えないまま防湿庫に埋もれていたレンズです。
P1090809_1
P1090810_1
P1090815_1
どこが悪いとか、気に入らないとかではなく、たまたまその頃K-1での撮影に飽きてきまして、ほかのカメラにいってしまったのでした。
それが、少し前にLAOWA105mmSTFをKマウントで入手して、K-1を取り出すときにSAMYANGの135mmを見つけたのでした。
ちょうど季節は花盛りになってきましたので、たくさん撮ってみましたよ。
K-1+SAMYANG135mmF2にて
K_1p5908_1
K_1p5927_1
K_1p6005_1
K_1p6006_1
K_1p6022_1
K_1p6037_1
K_1p6044_1
少し離れた被写体も
K_1p5985_1
K_1p5984_1
K_1p5987_1
K_1p5989_1
K_1p5994_1
そうそう、ペンタックスの1.7倍AFテレコンがありましたので、230mmF3.5相当でも使ってみました。
K_1p5828_1
K_1p5846_1
ピント合わせは楽なのですが、どこにピントが合ったのかちょっとあいまい。
数ショット撮り直して、手ごろなものをつまみ出すという感じです。
K_1p5842_1
K_1p5861_1
K_1p5869_1
テレコンのおかげで最大倍率が高くなり、ちょっとマクロ的にもなりますね。
手振れ補正の焦点距離入力は、230mmが無いので250mmにしておきました。

2020年5月 1日 (金)

最近の鳥撮り

水たまりにツバメが
Img_0824_2
Img_0827_2
畑にツグミが
Img_0879_2
庭にカワラヒワが
Img_0884_2
どれも草刈りの合間に撮った写真ばかりです。
それなりにトリミングしています。
カメラは、SX60HSでした。

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

カテゴリー