« シングルコートとマルチコート | トップページ | マニュアルフォーカスのハチゴーイチヨン »

2020年5月18日 (月)

ノクトンクラシック40mmのシングルコート

ノクトン35mmの方でマウントは異なりますが、SCとMCの色具合が異なるのを見て、そういうものか!と思ったわけですが・・・。
ネットサーフィンしていたら、40mmのSCタイプがとても安く売られていたので、うっかり手が出てしまいました。
もうずいぶん古いモデルになってしまったし、後継機種が出ていますので売れないのでしょうね。

ノクトンクラシック40mmのマルチコートとシングルコートです。
P1090827_1
ちょっとわかりにくいですが、レンズに反射するLED照明の色が異なります。
シングルコートの方が赤系一色の反射に見えます。
P1090829_1
それだけ赤味が排除された光がとおるという事かな???

α7M2で、とにかく撮ってみました。
シングルコート
Dsc09380sc_1
マルチコート
Dsc09383mc_1
同じ順番で
Dsc09395sc_1
Dsc09401mc_1
Dsc09406sc_1
Dsc09412mc_1
Dsc09431sc_1
Dsc09434mc_1
Dsc09455sc_1
Dsc09461mc_1
やはり、ほんのわずかですがシングルコートの写真は赤味が薄れて、あっさりした感じですね。
逆光だとか、点光源が入った場合などはまた違った表情になるのかも知れませんが、差があることは分かりました。
だからどうだ!?と言われても答えようもないのですが、蒐集癖なものですから色々と揃えたいわけですよ。
おおそうだ、次はフィルムカメラで試してみたいですね。
ちょうど、ベッサR3Mのファインダーは40mm画角のブライトフレームでしたからね。
P1090832_1
P1090831_1
でも、フィルムだと現像に時間がかかるから、何をしたかったのか忘れてしまいそうですね。
まあ、それはそれでよしとしましょう。

« シングルコートとマルチコート | トップページ | マニュアルフォーカスのハチゴーイチヨン »

NOKTON classic 40mmF1.4」カテゴリの記事

Sony α7M2」カテゴリの記事

NOKTON classic 40mmF1.4 S.C」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« シングルコートとマルチコート | トップページ | マニュアルフォーカスのハチゴーイチヨン »

フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

カテゴリー