« サムヤンAF75mmF1.8 | トップページ | smc PENTAX-A 50mmF1.7 »

2020年6月 2日 (火)

ノクトンクラシック40mmのシングルコートの続き

ノクトンクラシック40mmF1.4のマルチコートとシングルコートを、ベッサR3Mで使ってみました。
MCにて
Scnr3m04010mc_1
SCにて
Scnr3m04012sc_1
後で識別できるように、お互い相手のレンズを写しています。
以下同じ順番で
Scnr3m04014mc_1
Scnr3m04016sc_1
Scnr3m04022mc_1
Scnr3m04024sc_1
Scnr3m04026mc_1
Scnr3m04028sc_1
デジタルで使ったときと同じで、SCの方が少し赤味が薄いです。
ネガフィルムを同一条件でスキャンしたのですがスキャナーの能力不足もあって、デジタルで撮った時ほど差が判りませんね。

それで、唯一差が出たのが逆光時のフレアーでした。
意識的に、レンズ前玉に太陽光が直接当たるようにしてみましたら、出ましたよ。
MC
Scnr3m04030mc_1
SC
Scnr3m04032sc_1
絞り込んで
Scnr3m04031_1
Scnr3m04033_1
SCの方が派手にでましたね、そしてフレアーになった光は赤味が強い感じです。
本来反射されるはずだった赤味の光が、レンズ内で暴れたという事でしょう。
光の方向など条件が変われば違ってくるのかもしれませんが、おおむね予想通りとなりました。
ネガフィルムじゃなくてポジフィルムにしておけば、もう少しはっきり判ったかもしれませんけれどね。
だからどうした?と訊かれても、蒐集癖ですからこれで楽しめるのですよ。

« サムヤンAF75mmF1.8 | トップページ | smc PENTAX-A 50mmF1.7 »

フィルムカメラ」カテゴリの記事

NOKTON classic 40mmF1.4」カテゴリの記事

BESSA」カテゴリの記事

NOKTON classic 40mmF1.4 S.C」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« サムヤンAF75mmF1.8 | トップページ | smc PENTAX-A 50mmF1.7 »

フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

カテゴリー