« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月の8件の記事

2020年8月26日 (水)

なすの台木

ナスの収穫をしていたら、変な形の実が付いていました。
Dmm_0236_1
Dmm_0235_1
間違いなくナスの茎から出ているのですが、全然形が違うし赤く色付いたものまでありました。
ホオズキの一種なのかな?
Dmm_0239_1
こうしてみると、なんだか柿の実のような形ですね。
Dmm_0241_1
後から調べてみると、どうやら接ぎ木苗の台木にされたものが、わき芽を出して実を付けたという事でした。
本当はもっと早い時期に切り取ってしまうのでしょうが、猛暑で手入れができないままこうなったということでした。

2020年8月23日 (日)

オクラ

この夏の猛暑の中で、我が家のオクラは元気でした。
Img_1222_1
どんどん背が高くなり、毎日花が咲き、毎日食べきれないほどの大収穫でした。
Img_1223_1
普通にスーパーで売れそうなオクラの実
Img_1226_1
何だかへそ曲がりなやつ
Img_1230_1_20200822214801
Img_1228_1_20200822214801
Img_1229_1
うっかり採り忘れて、巨大化したやつ(右端のもの)
Img_1232_1_20200822214801
どれも、私の母親の作品ですけれどね。

2020年8月22日 (土)

ZHONGYI CREATOR 85mmF2

随分前に使った後、防湿庫に入ったままでした。
P1090891_1
ニコンマウントなら使いまわしができると思って買ったのですが、85mmF2クラスのレンズは、どこのマウントも安くて性能が良いものがそろっているので、出番が無かったのです。
今回、Z6のファインダーがとても見やすいと思いましたので、マニュアルフォーカスレンズを試してみようという事です。
絞り開放
Dmm_0128_1
絞りF5.6
Dmm_0131_1
高精細ファインダーの拡大モードでピント合わせも楽々、絞り加減もプレビューを見ながら調整できます。
但し、手ぶれ被写体ぶれによるピントのずれはどうしよもないですね。
今どきの高速AFレンズのように連写しても追従するピント合わせはできません。
1枚1枚丁寧に撮ってやるのが良いと思いますね。
後は適当に
Dmm_0142_1
Dmm_0123_1
Dmm_0113_1
Dmm_0121_1

2020年8月19日 (水)

ニコンZ6

フルサイズのミラーレス1眼カメラとして、十分出来上がっていると感心していました。
ただ当初、値段が高かったので手が出せなかったのです。
レンズのラインナップもそろい、中古価格も安定し、廉価機種まで登場しましたので、そろそろ1台試して見ましょうという事です。
B7r03375_1
B7r03377_1

とりあえずはキットレンズ24-70mmF4にて
Dmm_0020_1
Dmm_0022_1
Dmm_0026_1
ファインダーはとても広く、見やすいですね。
撮れた写真も、くっきり、さわやか。
このレンズ、望遠端70mmでも0.3mまで近寄れます。
Dmm_0016_1
Dmm_0017_1
結構近づけるレンズなんですが、虫撮りとなると倍率が足りない感じでして、トリミング拡大しました。
Dmm_0038_1
Dmm_0046_1

2020年8月14日 (金)

毎日暑いです

今年の梅雨は、長くて、長くて、と書いたわけですが、梅雨明け10日どころか、20日間位暑い日が続いています。
しかも、我が家辺りは大して雨が降らなかったものですから地面がすっかり乾いてしまって、鉢植えの草花は皆ひからびてしまいましたし、地植えの物ももう瀕死状態な感じでして、毎日の水やりだけが命綱になってしまいました。
そんな中で夏いっぱい満喫しているのが、セミ?
Img_1198_1
ヒマワリ?
B7r03366_1
B7r03361_1
カボチャ??
B7r03363_1
熱中症に気を付けながら、さて、また草刈に出かけましょう。

2020年8月12日 (水)

Velvet 28mmF2.5 の続き

28mmのソフトレンズと言うことなら、ペンタックスのFA28mmF2.8Softを持っていました。
P1090887_1
早速、撮り比べ
Velvet28mmにて
B7r03305velvet2825_1
FA28mmSoftにて
B7r03309fa2828soft_1
同じ順番で
B7r03319velvet2825_1
B7r03313fa2828soft_1
画角はほぼ同じで、ボケ具合が違いますね。
ソフト描写と言うことでは同じなんですが、FA28mmSoftの方が周辺減光が大きく、また被写体周りのフレアーがより強くでるようです。
Velvet28mmの方が全体に均質な雰囲気で霧がかかったような感じでしょうか。
一番の違いは、最短撮影距離と最大撮影倍率です。
FA28mmSoftの最短距離にて
B7r03339fa2828soft_1
同じ位置からVelvet28mmにて
B7r03346velvet2825_1
更にVelvet28mmの最短撮影距離まで寄って
B7r03352_1
更に絞ってやると
B7r03347velvet2825_1
マクロ的に使えるソフトレンズというコンセプトは、この28mmでもやってくれましたね。
広角マクロでソフトレンズです。
ただし、あまりに接近できるのでレンズの影が被写体にかかってしまうところが、要注意事項ですよ。

2020年8月11日 (火)

Velvet 28mmF2.5

ケンコーからまたVelvetレンズが発売されましたね。
56mm、85mmに次ぐ28mmF2.5です。
P1090885_1
ソニーEマウントが発売されていたのですが、後の使いまわしを考えてニコンFマウントで仕入れました。
とりあえずD850で撮ってみました。
Akk_1261_1
Akk_1281_1
Akk_1274_1
やはりピント合わせはα7RM2の方がやりやすいのでアダプターで
P1090884_1
B7r03256_1
B7r03285_1
ソフトに撮るだけなら多少ピントが外れていてもそれなりなんですが、接近してマクロ的に使おうとなると、高精細EVFの方が安心ですね。

2020年8月 6日 (木)

カラスが何か?

畑の向こうで、カラスが何かつついていましたのでカメラを向けたのですが、日陰で暗くシャッター速度が上がりませんでした。
ブレブレの写真ばかりを何枚か撮った中から、比較的良いやつを選んでみました。
Img_1172_1
トリミング拡大
Img_1172_2
アメリカザリガニのようですね、とがったはさみが判ります。
その後、見る見るうちにザリガニはバラバラにされてしまいました。
Img_1174_1
Img_1176_1
ISO感度を上げておけばもう少しぶれずに撮れたのでしょうが、とっさのことでしたので間に合いませんでした。

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

カテゴリー