« Speedmaster135mmF1.4 | トップページ | Viltrox AF33mmF1.4STMとAF23mmF1.4STM »

2020年9月21日 (月)

Speedmaster135mmF1.4 の続き

焦点距離135mmのこのレンズ、最短撮影距離が1.6mと言うことなので、少し寄り足りない感じがしました。
そこで、25mm厚の接写チューブを挟んでみましたら、約1m~0.8mの範囲でピントが合うようになりました。
調整範囲が狭いのでとても使いづらいわけですが、それなりにアップにできるようになったので、草花撮影はかなり雰囲気が良くなりました。
D850+接写チューブ25+Speedmaster135mmF1.4にて
Akk_1348_1
Akk_1353_1
ただ、今度は激薄ピントなので、ピント中心をどこに置くかが問題になりますね。
Akk_1370_1
絞ってF2.8
Akk_1368_1
ちょうど彼岸花が咲き始めましたので、撮ってみると
一番近いしべに合わせると、後はボケボケ
Akk_1373_1
少しピントを後ろにずらし
Akk_1372_1
F2.8まで絞って
Akk_1376_1
まだまだ花がボケていますね、花撮りはただ近づければよいという事ではないですね。
ためしに、接写チューブを外してノーマル状態の135mmF1.4にして、上の彼岸花を撮ってみると。
Akk_1378_1
絞ってF2.8
Akk_1380_1
良い感じですね。

« Speedmaster135mmF1.4 | トップページ | Viltrox AF33mmF1.4STMとAF23mmF1.4STM »

花撮り」カテゴリの記事

Nikon D850」カテゴリの記事

ZHONGYI SPEEDMASTER 135mmF1.4」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Speedmaster135mmF1.4 | トップページ | Viltrox AF33mmF1.4STMとAF23mmF1.4STM »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

カテゴリー