« シグマ24mF3.5DGDN | トップページ | 7artisansのパンケーキレンズ の続き »

2021年1月26日 (火)

7artisansのパンケーキレンズ

こんなにコンパクトなレンズが出ていました。右側のレンズです。
A7c00448_2
7artisans35mmF5.6です。左側は、LOMOのミニター1です。
どちらも、ライカMマウントなんです。
A7c00442_1
裏側は、なんとなく似ています。
A7c00446_1
ミニター1はレンジファインダーの測距カムがあり、距離計に連動しますが、7artisans35mmF5.6は、連動無しです。
A7c00450_2
ミニター1はスクリュー式のレンズキャップなのですが、7artisansはピントレバーを∞以上に操作するとスライド式のレンズバリアーが出てきます。
ちょうど、オリンパスのボディーキャップレンズと同じ感じです。
A7c00452_1
ミラーレスカメラが出てきたおかげで、こんなレンズが気軽に使えるようになったわけですね。
もっと、いろいろなコンパクトレンズを出してほしいです。
一応、撮影結果を。
Z5+ヘリコイドアダプター+7artisans35mmF5.6にて
Dll_0180_1
レンズの最短撮影距離:30cmから
Dll_0175_1
ヘリコイドアダプターで、10cm程度
Dll_0177_1
ちなみにミニター1では、最短撮影距離:80cm
Dsc09742_1
ヘリコイドアダプターで
Dsc09747_1
どちらも35mm近辺の焦点距離ですからスナップレンズなんですが、かなり性格が異なりますね。
7artisansは、F5.6固定絞りですが、普通に描写してくれるのでピントさえ意識していれば、きれいに撮れます。
ミニター1は、開放F値がF2.8と明るいのですが、周辺減光も解像も周辺画質はかなり悪いですから、そのつもりで撮らないと後でがっかりだったりします。
7artisans
Dll_0171_1
ミニター1
Dsc09737_1
見た目は似たようなレンズですが、表現の方向が違うかも知れませんね。
そういえば、富士フィルムも24mmF8のボディキャップレンズを出していましたし、ペンタックスもQシリーズで11.5mmF9などと言うのを出していましたね。
いづれにしても、パンケーキと言う薄さに制限されたレンズ達ですから、描写もそれぞれ制限されて個性的なんですよ。

« シグマ24mF3.5DGDN | トップページ | 7artisansのパンケーキレンズ の続き »

Sony α7M2」カテゴリの記事

Lomo Minitar-1」カテゴリの記事

Nikon Z5」カテゴリの記事

7artisans 35mmF5.6(M)(L)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« シグマ24mF3.5DGDN | トップページ | 7artisansのパンケーキレンズ の続き »

フォト
2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

カテゴリー