« メジロ三昧 | トップページ | RF100-400mm »

2022年1月24日 (月)

メジロ三昧の続き(3230)

Img_2645_1
RF800mmに接写チューブを挟んでやると最短撮影距離が5m程度ですが、あまりにメジロに近寄れるので、別の機材を用意してみました。
ニコンD850に×1.4テレコンとシグマの150-600mmなら、840mm相当で3m以内からでも撮れるはずです。
Akk_1835_1
ところが、試してみるとシグマ150-600mm+テレコンの方が画角が広く、大きく撮れません、近距離では実質的な焦点距離が短いんですね。
更に、レンズ開放F9になるのでD850のAFでは近距離で素早く動くメジロにピントが合いません。
何枚か撮った中で運よく撮れましたと言う感じです。
そこで、カメラをZ7に変更しました。
Dnn_1370_1
ミラーレス機の方がF値にあまり影響されないようで、合焦率が高い気がします。
Dnn_1381_2
でも一番凄いのは、コンデジのSX70HSでした。
ノートリでこのサイズに近寄れます。
Img_3186_1
縦位置にトリミング
Img_3185_2
Img_3166_1
このメジロは、食事が済んでくつろいでいましたよ。
作品とか図鑑用に撮るならフルサイズ1眼かも知れませんが、日々の鳥見の記録ならコンデジで十分ですね。
あ!そうそう忘れていました、テレコンじゃなくてAPS-Cの1眼と言う選択肢がありましたね。
またいずれ試してみましょう。

« メジロ三昧 | トップページ | RF100-400mm »

鳥撮り」カテゴリの記事

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary」カテゴリの記事

Nikon D850」カテゴリの記事

Canon PowerShot SX70 HS」カテゴリの記事

Nikon Z7」カテゴリの記事

EOS RP」カテゴリの記事

コメント

良く撮れてますね。。。

小生の自宅庭でD7500+タムロン製100-400mmVCクロップでメジロを狙いましたが、ピントが合う以前に動きが早くて、ドアップはNGでした、。

まあ、野鳥は遊びですからいいのですが (;^_^A、。

007さん、コメントどうも。

スズメやメジロ、ヒヨドリなど人の生活圏でエサを探す鳥たちは、時期とか天気具合によりますが、思いがけないほど近くで見ることができます。
畑仕事や庭いじりをしていると、手の届きそうな木の枝から、足元の虫をめがけてモズが飛び降りてくるなどと言う経験もあります。
鳥たちは、人間の動作を観察していて危害が無い距離までは近寄らせてくれるようです。

速い動作や大きな動作をせず、じっとたたずんで、何気なくシャッターを切るのが良いようです。
逆に、大きな機材で、撮ってやろうという意識が強いと、すぐにバレて逃げられてしまいますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« メジロ三昧 | トップページ | RF100-400mm »

フォト
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

カテゴリー