カテゴリー「フィルムカメラ」の記事

2017年3月20日 (月)

久しぶりのLC-Wide

実は、今年初にフィルムを入れたのでした、LC-Wideに。

それで、お伊勢参りにも同行させていたのですが、中々撮り終えることが出来ず、やっと現像し終わったと言うことなんです。
Scnlcwide0506_1

Scnlcwide0512_1

Scnlcwide0517_1

超広角MINIGON1=17mm相当の画角は、日常の中でも新鮮ですよ
Scnlcwide0522_1

Scnlcwide0526_1

Scnlcwide0528_1

Scnlcwide0532_1

広角レンズは、難しいけれど面白いですね。
Scnlcwide0537_1

またフィルムを入れてしまいそうです。

2016年12月27日 (火)

Cビオゴン35mmF2.8ZM の続きの続き

前回からかなり時間が経ちますが、フィルムカメラでも使ってみました。
α7Ⅱで使った後、ZeissIKONにCビオゴン35mmを付けフィルムを入れたものの、中々まとまった時間が取れず、また他のフィルムカメラを持ち出すうちに忘れてしまいました。
たまたま思いだして他のカメラのお供をさせるのですが、撮影しないまま帰ってきたりと言う感じで、コマが少しも進みませんでした。
ということで、何を狙いに撮っていたのか全く覚えが無く、どこかで見たようなシーンばかり現像されてきました。

以下、適当に貼り付けておきます。

ZeissIKON+Cビオゴン35mmF2.8にて
Scnikoncbiogon350001_1

Scnikoncbiogon350003_1

Scnikoncbiogon350007_1

Scnikoncbiogon350013_1

Scnikoncbiogon350014_1

Scnikoncbiogon350020_1

Scnikoncbiogon350022_1

Scnikoncbiogon350029_1

Scnikoncbiogon350032_1

Scnikoncbiogon350034_1

Scnikoncbiogon350035_1

Scnikoncbiogon350038_1

古いカメラ達の不安定さと比べたら、とても安定した露出でピントもしっかり来ていますね。

2016年12月26日 (月)

アグファオプティマにて

ローライ35Sを取り出す時にオプティマも隣にありましたので、一緒にフィルムを入れてしまったのですが、ポケットには何台も入らないのでついつい後回しになっていました。
それで、ローライを撮り終えた後で前の記事のキヤノンDemiと一緒に持ち出して、適当にシャッターを押していました。

とりあえず貼り付けておきます。
Scnagfaoptima0103_1

Scnagfaoptima0104_1

Scnagfaoptima0113_1

Scnagfaoptima0123_1

Scnagfaoptima0130_1

Scnagfaoptima0131_1

なんだか露出が合っていないようなコマもありますね。
それはそれで、面白い写真が撮れることもあるのですが・・・。
このカメラは、電子シャッターで露出補正機能もないので、使っていてあまり楽しくないのですよ。
それでいつも「何かのついでに」と言う感じでいい加減に撮ってしまうのでした。

2016年12月25日 (日)

キヤノンDemiの再来

久しぶりにジャンクかごに金属カメラがころがっていました。

キヤノンDemiです。1K
P1020890_1
P1020889_1

取り出して触ってみると、外観は綺麗ですし、シャッターも露出計も生きていました。
しかも、ファインダーが以前救い出したものより綺麗なのです。
中はお決まりでモルトプレーンがぼろぼろでした。
持ち帰って、モルトプレーンを貼り直したら修理完了。

と言うことで2台のDemiです。
P1020892_1

早速フィルムを入れて試し撮り
Scncanondemi1202_1

Scncanondemi1206_1

おっと逆光では凄いゴーストが
Scncanondemi1208_1

夕日の太陽を入れると、四角い絞り形状のゴーストが
Scncanondemi1229_1

こちらは日の出前です
Scncanondemi1240_1

Scncanondemi1241_1

Scncanondemi1246_1

Scncanondemi1247_1

Scncanondemi1249_1


逆光時のフレアー・ゴーストを除けばとても綺麗に撮れていましたね。
ところで実は、24枚撮りフィルムで、48ショットまで順調に撮れていたのですが、丸一日自動車に放置していたらシャッターが切れなくなりました。
あれ?もう最後まで巻き上げたのかな?50ショット超えするつもりだったのに???
で、巻き戻してフィルムを取り出してシャッターの具合を見ると、何だか固着~粘着して動きがおかしいのです。
自動車内の熱で、粘り気のある何かが少しシャッター幕についてしまったようなのです。
何度か空シャッターを切っているとまた順調になりましたが、バルブ撮影すると閉まらなくなりました。
これは一度分解しないとだめかも知れませんね、また気が向いた時にやってみましょう。
そうそう、現像を終えたフィルムを見ると、やはりまだ4ショット分フィルムが残っていましたよ。

2016年11月11日 (金)

フィルムのデジタル化 その4

ペンタックスK-1で撮った物がかなり良い感じだったので、α7で撮った物をもう一度撮り直してみました。
機材の違いで、どう変わるのか試してみたわけですが・・・。

α7+キヤノンFL50mmF3.5マクロにて
Dsc055261_1

K-1+タムロン90mmF2.8マクロにて
K_1p2597_1

以下同じ順番で
Dsc055551_1
K_1p2599_1

Dsc055531_1
K_1p2602_1

Dsc055501_1
K_1p2603_1

元のフィルムは、FEDでプロビア100Fを使ったものですが、ZeissIKONより露出が不安定で、アンダー気味、オーバー気味と言ったコマがあるのですが、デジカメで複写し、パソコンソフトで自動補正する時に、すべて機械任せにしてやると適当に補正してくれて、どれも良い感じになってしまいました。

ところで、どちらの機材がうまく撮れるかという問題ですが、どちらも同じフォトショップの自動補正を掛けて初めてそれらしい色が出てくるので、同じ色になるのではないのか?と思っていたのですが・・・。
なぜ違う色目になってしまうのだろうと言うところが、実は、問題のようです。
やはり、複写時の光源の色、その強さ、カメラのホワイトバランス、カメラの露出決定モードや癖?などがありますが、どうも明るめに撮れた場合と暗めに撮れた場合の差が、自動補正しても最終的に結果に影響してくるようです。
フォトショップのカラーバランスでグレーポイントを合わせても、明るさを補正しても、簡単には同じ感じに出来ないので、すぐに面倒臭くなってやめてしまいました。
フィルムを最初に読み込む(撮影する)時に一番綺麗になるように色々と調整してやると、後のパソコンでの調整の量が減り、最終的に良い画像が得られると言うことなのですね。
これは中々奥が深いようですので、私はこれ以上はまり込まないようにしますよ。

2016年11月10日 (木)

フィルムのデジタル化 その3

135フィルムはデュプリケーターを持っていましたので効率化できましたが、120フィルムはやはりあの方法しか思いつきませんでした。

以前の記事です
http://photo-shampoohat-3.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-b6bd.html

ライトビュアーにフィルムを乗せて、デジカメで接写。
Dsc07750_1

折角ですから、手許にある中で一番画素数の大きなカメラでと思い、36M機のペンタックスK-1を選んだのですが、レンズの方はとりあえず手近にあったタムロン90mmF2.8マクロを付けてしまいました。
後から思ったのですが、何か別の選択肢があったような?あるいは、これで良かったような?・・・。

とりあえずマミヤC220で撮影したポジフィルムを
K_1p25571_1_1

K_1p25771_1
K_1p25761_1

K_1p25831_1
K_1p25861_1

K_1p2593_2_1

K_1p25941_1

K_1p25891_1K_1p25901_1_1

K_1p25961_1

何だかとても綺麗に読み込みましたね。
元々のフィルム面積が大きいですし、取り込みの撮影倍率も1/2程度で余裕がありますから当然なんでしょうが・・・。
でも実は、このカメラの画像も、パソコンで自動修正を掛けた結果なんですよ。
撮影したままの画像は、セピアか夕焼けのような感じになっていて、色だけは思うように撮れていないのでした。
何かもう少し検討が必要な気がしていますが、面倒臭いのでここまでで止めておきます。

2016年11月 9日 (水)

フィルムのデジタル化 その2

フィルムを、もう少しデジカメで接写してみました。
今度はFEDとプロビア100Fのフィルムから、カメラは手ぶれ補正機能の無いα7です。

少し作業効率を高められるかと思い、キヤノンのベローズとデュプリケーターを使ってみました。
Dsc07743_1
Dsc07744_1
Dsc07745_1

α7+キヤノンFL50mmF3.5マクロで接写Dsc055211_1

Dsc055271_1

Dsc055241_1


Dsc055251_1

Dsc055361_1

Dsc055441_1

Dsc055481_1

フィルムの出来次第ですが、スキャナーよりピントが合いますから鮮明な画像が得られますね。
画像の取り込み時間は、画素数で見たら圧倒的にこの方法の方が速いです。
しかしずっと付き添うことになり、全く手離れが悪いわけです(当たり前ですが・・・)。
それから、色の具合なんですが、カメラのホワイトバランスをうまく選べば良いのでしょうが、透過照明の光源やフィルム自体の状態、また撮影された被写体や当時の光の状態などで良い感じに写らない物が多いのでした。
そこでカメラ側は曇りに固定して、取り込み後にパソコンの自動修正を掛けてみましたらそれなりに見えるようになりました。
ただし、ポジフィルムを見た感じとは少し異なるのですが、これが一番効率的に思えます。
どうしてももっと忠実にフィルムを再現しようとするなら、更にチュ―ニングして設定を追い込めば良いのでしょうが、面倒臭いのでここまでです。

2016年11月 8日 (火)

フィルムのデジタル化 (タイトル変更しました)

これまでフィルムのデジタル化はフラットベッドスキャナーを使っていましたが、フィルムをルーペで見た感じよりピントが甘くて、ちょっと物足りない気がしていました。
もっと高価なスキャナーならピント調整が可能な物もあるらしいのですが、私が持っているものはピント位置固定なのでした。
そこで、フルサイズのデジタル1眼レフとマクロレンズを使って、1/1倍撮影をしてやればフィルムの実力までピントが合った画が得られるはず?と試してみました。

元の画像は、ツアイスIKONとプロビア100Fで撮影したものです。

フラットベッドスキャナー:キヤノン9000F
Scnzeissikon2706_1

α7Ⅱ+ミノルタMD50mmF3.5マクロで接写
Dsc05084_1

スキャナーの方は拡大しなくても甘いのが判ります。

デジカメの方を等倍までトリミング
Dsc05084_2

やはりかなりピントが来てましたね。
ただ、何だか色が思ったようになっていませんし、やたらとシャープネスが効いているような感じです。

もう少し試してみました。
Scnzeissikon2721_1

Dsc05099_1

Scnzeissikon2737_1

Dsc05116_1

最後のを等倍までトリミング
Dsc05116_2

フィルムカメラでも、しかもレンジファインダーのマニュアルフォーカスでも、ピントはしっかり合っていたわけです。
やはりスキャナーの能力が低過ぎだったのですね。
しかし、色の自然さとか表情とかはスキャナーの方が良い感じに仕上がっているので悩ましいところです。
それに、デジカメは常にシャッターを自分で押さなければならず、作業中ずっと拘束されてしまいます。
スキャナーは、フィルムをセットしたら12コマ連続で勝手にスキャンしてくれるので、手離れが良くありがたいのです。
もう少し、接写用の機材を工夫すれば楽になるかな?
それから色の調整が必要なのだけれど、フィルム接写用の設定をするのが面倒臭いですね。
それからネガフィルムの方はもっと面倒臭いことになりそうだし・・・。
まあ、どうしても必要になった時にやってみるのでしょうね。
それまでは、ピンぼけスキャナーで適当にやっておくのでしょう。

2016年8月13日 (土)

キヤノンCanonet

キャノネットと言えば、NewCanonetQL19とQL17Lをジャンクかごから救い出したことがあります。
http://photo-shampoohat-3.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/newcanonetql19-.html
http://photo-shampoohat-3.cocolog-nifty.com/blog/2016/02/canonet-ql-54a5.html

今度は、一番初期型のCanonetがジャンクかごにありました。1K
Img_3784_1

Img_3786_1

NewCanonet達と比べると一回り大きなカメラです。
しかも、巻き上げレバーが底面に
Img_3791_1

途中で折り曲げてトリガータイプ
Img_3790_1

ですから、上面はシャッターボタンとフィルムカウンターだけ
Img_3793_1

そうそう、電池の要らないセレンの露出計なんです
Img_3792_1

しかも生きていました。

ISO200のネガフィルムを入れ、カメラの露出計のまま撮ってみましたよ。
Scncanonet0006_1

Scncanonet0007_1

あれあれ、露出は問題ないのにちょっと後ピンですね。
Scncanonet0008_1

Scncanonet0010_1

かなりぼんやりのファインダーですから合わせにくいのもありますが、どうやら距離計が少しずれているようです。
少し距離を取って、絞ってしまえば問題ないのですが、調整した方が良さそうですね。
Scncanonet0011_1

Scncanonet0015_1

また暇な時にやってみましょう。

2016年7月11日 (月)

2台のSMART SHOT PULS

新しく手に入れた方が、以前のものより描写が甘い感じがしましたので、2台を撮り比べてみました。

まずは識別用に、2台並べて記念写真です。
左が以前手に入れたもの、右が今回の物
Dsc06959_1

今回の物にて
Scnsmartshotplus3035_1

以前の物にて
Scnsmartshotplus2035_1

以下同じ順番で
Scnsmartshotplus3039_1
Scnsmartshotplus2039_1

Scnsmartshotplus3033_1

Scnsmartshotplus2033_1

Scnsmartshotplus3038_1

Scnsmartshotplus2038_1

Scnsmartshotplus3041_1

Scnsmartshotplus2041_1

フィルムは同じISO200のネガ。
ピントは固定、絞りもシャッター速度も固定ですから、基本的に同じ画が撮れますね。
でも、近景では目立たないのですが、今回の物の方が、遠景のぼけ具合が大きいです。
その分全体の描写が甘く感じられるようです。
レンズとフィルムの距離がばらついているのか?絞り孔の直径がばらついているのか?あるいはレンズそのものの精度が悪いのか?
スキャナーで読み取った結果ですので正確とは言えませんが、同一の圧縮度合いにして見た同一構図の写真のJPEGデータ量も1~5%程度の差があり、目で見て感じた傾向と一致します。
どちらもジャンク品ですし、飛び切り鮮明な描写を求めるカメラではありませんから、これで十分なんですよね、簡単コンパクトフィルムカメラとしては。
と言うことで、自分自身の記憶が正しかったことに一安心しながら、またまた余計な写真をたくさん撮ってしまったという後悔を感じながら、後は適当に・・・。

Scnsmartshotplus2042_1

Scnsmartshotplus2045_1

Scnsmartshotplus3045_1

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

(D)CINE-ARCO 12.7mmF1.8 | (D)KINO-SANKYO 13mmF1.4 | (D)KINO-SANKYO 13mmF1.9 | (D)KINO-SANKYO 38mmF1.9 | (D)REXER WIDE 5.5mmF1.4 | (D)SHOWA-KOKI CINE PAMIAN 13mmF1.8 | (D)SHOWA-KOKI CINE PAMIAN 6.5mmF1.8 | (D)TELETAR 38.1mmF3.5 | (D)WIDE ZUNOW Cine 6.5mmF1.9 | (D)ZEIKA Cine Tele 38.1mmF1.4 | 01 STANDARD PRIME | 02 STANARD ZOOM | 03 FISH-EYE | 04 TOY LENS WIDE | 05 TOY LENS TELEPHOTO | 06 TELEPHOTO ZOOM | 07 MOUNT SHIELD LENS | 08 WIDE ZOOM | 110フィルムカメラ | 116フィルムカメラ | 120フィルムカメラ | 126フィルムカメラ | 135フィルムカメラ | 616フィルムカメラ | AF-S DX Micro NIKKOR 40mmF2.8 G | AF-S DX NIKKOR 35mmF1.8 G | AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED | AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED | AF-S NIKKOR 50mmF1.4 G | AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G | AGFA Optima | Ai 24mmF2S | Ai 35mmF2S | Ai AF 20mmF2.8D | Ai AF 24mmF2.8 | Ai AF 28mmF2.8D | Ai AF 35mmF2D | Ai AF 50mmF1.4D | Ai AF 50mmF1.8D | Ai AF 85mmF1.4D | Ai AF 85mmF1.8 D | Ai AF DC 105mmF2D | Ai AF DC 135mmF2D | Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D | Ai Micro Nikkor 55mm F2.8S | Ai Micro-NIKKOR 200mm F4 | Ai Nikkor 135mmF2.8S | Ai NIKKOR 45mmF2.8S P | Ai Nikkor 50mm F1.2S | Ai NIKKOR 50mmF1.4 S | APO-LANTHAR 180mmF4 SL | APO-LANTHAR 90mmF3.5 MC | APO-LANTHAR 90mmF3.5 SL | APO-LANTHAR 90mmF3.5 SLⅡ | APSフィルムカメラ | BESSA | Biogon 21mmF2.8 ZM | Biogon 25mmF2.8 ZM | Biogon 28mmF2.8 ZM | Biogon 35mmF2 ZM | BORG 77EDⅡ(&1.4×テレ) | C Biogon 35mmF2.8 ZM | Canon FD 135mmF2.5 | Canon FD 24mmF2.8 | Canon FD 28mmF2.8 | Canon FD MACROPHOTO LENS 20mmF3.5 | Canon FL 50mmF3.5 MACRO | Canon FL 58mmF1.2 | Canon NFD 24mmF2.8 | Canon NFD 50mmF1.8 | Canon PowerShot SX60 HS | COLOR-HELIAR 75mmF2.5 MC_ | COLOR-SKOPAR 20mmF3.5 SL ASP. | COLOR-SKOPAR 21mmF4 | COLOR-SKOPAR 25mmF4 | COLOR-SKOPAR 28mmF2.8SL | COLOR-SKOPAR 28mmF3.5 | COLOR-SKOPAR 35mmF2.5 | COLOR-SKOPAR 50mmF2.5 | COSINA 20mmF3.8MC | DA 12-24mmF4 ED AL | DA 14mmF2.8 | DA 15mmF4 Limited | DA 16-45mmF4 ED | DA 21mmF3.2 Limited | DA 35mmF2.4 | DA 35mmF2.8 Macro Limited | DA 40mmF2.8 Limited | DA 40mmF2.8 XS | DA 50mmF1.8 | DA 70mmF2.4 Limited | DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5 | DA★60-250mmF4 | DFA 15-30mmF2.8 | DFA MACRO 100mmF2.8 WR | DG MACRO-ELMARIT 45mmF2.8 ASPH | DG SUMMILUX 15mmF1.7 ASPH | DG SUMMILUX 25mmF1.4 ASPH | Distagon 25mmF2.8 ZS | EF 100-400mmF4.5-5.6L IS | EF 100mmF2.8L IS USM MACRO | EF 135mmF2.8 Soft | EF 135mmF2L USM | EF 17-40mmF4L USM | EF 20mmF2.8 USM | EF 24-105mmF3.5-5.6IS STM | EF 28-105mmF3.5-4.5USM | EF 28-70mmF3.5-4.5 | EF 28mm F2.8 IS USM | EF 28mmF1.8 USM | EF 300mmF4L IS | EF 35-135mmF3.5-4.5USM | EF 35mmF2 | EF 35mmF2 IS USM | EF 40mmF2.8 STM | EF 50mmF1.4 USM | EF 50mmF1.8 STM | EF 50mmF1.8Ⅱ | EF 70-300mmF4-5.6 IS | EF 85mmF1.2L USM | EF 85mmF1.8 USM | EF-M 11-22mmF4-5.6 IS STM | EF-M 22mmF2.0 STM | EF-M 28mmF3.5 MACRO IS STM | EF-S 10-22mmF3.5-4.5 USM | EF-S 24mmF2.8 STM | EF-S 60mmF2.8 MACRO | Elmar 50mmF3.5 | Elmar 90mmF4 | Ensign SELFIX 12-20 | EOS 10D | EOS 1DM2 | EOS 20D | EOS 40D | EOS 5D | EOS 5D Mark2 | EOS 8000D | EOS KissX4 | EOS M | EOS M3 | EPSON R-D1s | F 35-80mmF4-5.6 | F FISH-EYE 17-28mmF3.5-4.5 | FA 28-70mmF4 | FA 28mmF2.8 SOFT | FA 28mmF2.8 AL | FA 31mmF1.8 Limited | FA 35mmF2.0 AL | FA 43mmF1.9 Limited | FA 50mmF1.4 | FA 77mmF1.8 Limited | FA 85mmF2.8 SOFT | FUJIFILM X 24mmF8.0 FILTER LENS | FUJIFILM X-E1 | FUJIFILM X-M1 | FUJIFILM X-T2 | FUJIFILM XF14mmF2.8 | FUJIFILM XF18mmF2 | FUJIFILM XF23mmF1.4 | FUJIFILM XF27mmF2.8 | FUJIFILM XF35mmF1.4 | FUJIFILM XF56mmF1.2R | FUJIFILM XF60mmF2.4 MACRO | FUJIFILM XF90mmF2.0 | G 14mmF2.5 ASPH. | G 20mmF1.7 ASPH. | G 25mmF1.7 ASPH. | G 42.5mmF1.7 ASPH. O.I.S. | G FISHEYE 8mmF3.5 | G MACRO 30mmF2.8 ASPH. O.I.S. | G VARIO 100-300mmF4-5.6 O.I.S | G VARIO 45-200mmF4-5.6 O.I.S. | G VARIO 7-14mmF4 ASPH. | Hektor 135mmF4.5 | HELIAR 40mmF2.8 | HELIAR 50mmF3.5 | HELIAR classic 50mmF2 | HELIAR Vintage Line 50mm F3.5 | HELIAR-HYPER WIDE 10mmF5.6 | HELIOS-44-2 (58mmF2) | HOLGA-120GN | HOLGA-120TLR | HOLGA-120WPC | HORIZON Kompakt | HORIZON Perfekt | Ikonta 520 | INDUSTAR-26M (50mmF2.8) | INDUSTAR-50-2 (50mmF3.5) | JUPITER 35mmF2.8 | JUPITER 50mmF1.5 | JUPITER 50mmF2 | JUPITER 85mmF2 | KLASSE W | KONICA HEXANON AR135mmF2.5 | KONICA HEXANON AR24mmF2.8 | KONICA HEXANON AR28mmF3.5 | KONICA HEXANON AR40mmF1.8 | KONICA HEXANON AR50mmF1.7 | LA SARDINA | Leica Ⅲf | LENZBABY Velvet 56mmF1.6 | Lomo BelAir | Lomo Daguerreotype Achromat 64mmF2.9 | LOMO Diana Baby | LOMO Diana F+ | LOMO Diana Mini | Lomo FISHEYE BABY 110 | Lomo LC-A | Lomo LC-Wide | Lomo Minitar-1 | Lomo ZENIT NEW RUSSAR+ 20mmF5.6 | Lomo ZENIT Petzval 85mmF2.2 | Lomography Experimental Lens Kit | LUBITEL 166+ | M.ZUIKO DIGITAL 12mmF2 | M.ZUIKO DIGITAL 17mmF1.8 | M.ZUIKO DIGITAL 17mmF2.8 | M.ZUIKO DIGITAL 25mmF1.8 | M.ZUIKO DIGITAL 30mmF3.5 MACRO | M.ZUIKO DIGITAL 45mmF1.8 | M.ZUIKO DIGITAL 9-14mmF4-5.6 ED | M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro | M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II | M.ZUIKO DIGITAL 75mmF1.8 | MACRO APO-LANTHAR 125mmF2.5SL | Makro Planar 100mmF2 ZK | MAMIYA C220 PROFESSIONAL | MC ROKKOR 55mmF1.7 | MC ROKKOR-PF 58mmF1.4 | MC TELE ROKKOR-QD 135mmF3.5 | MD MACRO ROKKOR 50mmF3.5 | MD TELE ROKKOR 135mmF2.8 | MD W.ROKKOR 24mmF2.8 | New Jupiter 3+ 50mmF1.5 | NIKKOR-Q 135mmF3.5 | Nikon D200 | Nikon D300S | Nikon D50 | Nikon D5100 | Nikon D5500 | Nikon D600 | Nikon D700 | Nikon D7100 | Nikon NewFM2 | NOBLE35 | NOKTON 25mmF0.95 | NOKTON 50mmF1.5 Aspherical | NOKTON 58mmF1.4 SLⅡ | NOKTON classic 35mmF1.4 S.C | NOKTON classic 40mmF1.4 | Olympus 15mmF8 | Olympus 9mmF8 FISHEYE | Olympus E-420 | Olympus E-510 | Olympus E-620 | Olympus E-P2 | Olympus E-P5 | Olympus E-PL1 | Olympus E-PM1 | Olympus E-PM2 | OM ZUIKO MC 135mmF2.8 | OM ZUIKO MC 50mmF1.4 | Panasonic FZ1000 | Panasonic FZ200 | Panasonic Lumix G1 | Panasonic Lumix G3 | Panasonic Lumix G5 | Panasonic Lumix GF1 | Panasonic Lumix GF2 | Panasonic Lumix GF6 | Panasonic Lumix GM1 | Panasonic Lumix GX7 | Panasonic Lumix GX8 | Pentax *istDS | Pentax K-1 | Pentax K-5 | Pentax K-5Ⅱs | Pentax K-7 | Pentax K10D | Pentax K20D | Pentax Q | Pentax Q-S1 | Pentax Q7 | Planar 50mmF1.4 ZS | Planar 50mmF2 ZM | Planar 85mmF1.4(Y/C) | R10 | RICH-RAY 35 | RICOH A16 24-85mm F3.5-5.5 | RICOH GR | RICOH GR A12 28mmF2.5 (18.3mmF2.5) | RICOH GR A12 50mm F2.5 MACRO(33mmF2.5) | RICOH GR DIGITAL 2 | RICOH GXR | RICOH GXR MOUNT A12 | RICOHFLEX | Rollei 35 | S APO-LANTHAR 85mmF3.5 | S TAKUMAR 135mmF3.5 | S-M-C TAKUMAR 24mmF3.5 | SAMYANG 10mmF2.8 ED AS NCS CS | SAMYANG 12mmF2.0 NCS CS | SAMYANG 12mmF2.8 ED AS NCS FISHIEYE | SAMYANG 14mmF2.8 | SAMYANG 7.5mmF3.5 UMC FISH-EYE MFT | SAMYANG 85mmF1.4 ASPH.IF | SAMYANG 8mmF2.8 UMC Fish-Eye Ⅱ | SAMYANG 8mmF3.5 Fish-Eye CS | SAMYANG 8mmT3.1 UMC Fish-Eye Ⅱ | SC SKOPAR 28mmF3.5 | SERENER 135mmF4 | SIGMA 10-20mmF4-5.6 EX DC HSM | SIGMA 12-24mmF4.5-5.6 EX DG HSM | SIGMA 135-400mmF4.5-5.6 APO DG | SIGMA 15-30mmF3.5-4.5 EX DG | SIGMA 150-500mmF5-6.3 APO DG OS HSM | SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary | SIGMA 15mmF2.8EX 対角線魚眼 | SIGMA 17-50mmF2.8 EX DC OS HSM | SIGMA 17-70mm | SIGMA 170-500mmF5-6.3 APO DG | SIGMA 180mmF3.5EX DG HSM APO MACRO | SIGMA 20mmF1.8EX DG ASP RF | SIGMA 24mmF1.8EX DG ASP MACRO | SIGMA 28mmF1.8EX DG ASP MACRO | SIGMA 50-500mmF4.5-6.3 APO DG OS HSM | SIGMA 50mmF2.8 MACRO | SIGMA 70mmF2.8EX DG MACRO | SIGMA 8-16mmF4.5-5.6 DC HSM | SIGMA 8mmF4EX 円周魚眼 | SIGMA APO 70-300mm | SIGMA DP1 Merrill | SIGMA dp1 Quattro | SIGMA DP2 Merrill | SIGMA DP3 Merrill | smc PENTAX-A 70-210mmF4 | SMC TAKUMAR 50mmF1.4 | SMC TAKUMAR 55mmF1.8 | Sonnar T* FE35mmF2.8 ZA | Sonnar T* FE55mmF1.8 ZA | Sony E 16mmF2.8 | Sony E 30mmF3.5 MACRO | Sony FE28mmF2.0 | Sony HX50V | Sony NEX-3 | Sony NEX-5N | Sony NEX-5T | Sony RX100 | Sony SEL057FEC | Sony SEL075UWC | Sony VCL-ECF1 | Sony α 135mmF2.8 [T4.5] STF | Sony α33 | Sony α55V | Sony α7 | Sony α7M2 | SPINNER 360° | SprocketRocket | Summarit 50mmF1.5 | Summaron 35mmF3.5 | Summicron 50mmF2 | Super Ikonta 530 | SUPER WIDE-HELIAR 15mmF4.5 | SUPER WIDE-HELIAR 15mmF4.5 SL | SUPER WIDE-HELIAR 15mmF4.5 Ⅲ | Super-Takumar 200mmF4 | Super-Takumar 85mmF1.9 | SuperーTakumar 28mmF3.5 | TAMRON SP AF 17-50mmF2.8XR Di2 VC | TAMRON SP AF 180mmF3.5 Di LD MACRO | TAMRON SP AF 28-300mmF3.5-6.3 XR Di VC_ | TAMRON SP AF 28-75mmF2.8XR Di LD ASP MACRO | TAMRON SP AF 70-200mm F2.8 Di LD MACRO | TAMRON SP AF 70-300mmF4-5.6 Di VC USD | TAMRON SP AF 90mmF2.8 Di MACRO | TAMRON SP150-600mmF5-6.3 VC USD | TAMRON SP90mmF2.8 MACRO VC USD | TELE-ELMAR 135mmF4 | TESSAR 45mmF2.8(Y/C) | TOPCOR-S 50mmF2 | ULTRA WIDE-HELIAR 12mmF5.6 | ULTRA WIDE-HELIAR 12mmF5.6 SL | ULTRA WIDE-HELIAR 12mmF5.6 Ⅲ | ULTRON 21mmF1.8 ASPHERICAL | ULTRON 28mmF1.9 Aspherical | ULTRON 35mmF1.7 Aspherical | ULTRON 40mmF2SL ASPHERICAL | Vario-Tesser FE16-35mmF4 ZA OSS | Vivitar Ultra Wide&Slim | Vixen D80mm-910mm | WESTER6 | XZ-1 | ZD 25mmF2.8 | ZD 70-300mmF4-5.6ED | ZeissIKON | ZENJIX soratama 72 | ZHONGYI Mitakon 85mmF2 | ZHONGYI SPEEDMASTER 35mmF0.95 | ZHONGYI SPEEDMASTER 50mmF0.95 | おもちゃカメラ | 今日の1枚 | 宙玉 | 散歩 | 自転車 | 花撮り | 虫撮り | 雑感(ぼやき) | 鳥撮り | クラッシックカメラ | ジャンクカメラ | ジャンクレンズ | デジスコ | デジタル1眼富士フィルム | デジタル1眼ソニーα | デジタル1眼EOS | デジタル1眼NEX | デジタル1眼オリンパス | デジタル1眼ニコン | デジタル1眼パナソニック | デジタル1眼ペンタックス | デジタルコンパクト | デジタルレンジファインダー | ハーフサイズカメラ | ビデオカメラ | フィルムカメラ | フィルムカメラ 国産その他 | フィルムカメラ 外国製 | フィルムカメラ オリンパス | フィルムカメラ キヤノン | フィルムカメラ コニカ | フィルムカメラ ニコン | フィルムカメラ フジフィルム | フィルムカメラ ペンタックス | フィルムカメラ ミノルタ | フィルムカメラ 京セラ | ボルタ判フィルムカメラ | マウントアダプター | レンズ 一般 | レンズ 広角 | レンズ 望遠 | レンズ マクロ

フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

カテゴリー